推薦特訓

学志舎 村岡です。

今年は世の中の状況をふまえ、特に消毒や換気に留意しながら、推薦特訓を進行しています。

各校、集団討論のない初の推薦入試となりますが、塾生各自が志望校への想いを胸に日々頑張っています。

日々のサポートをしてくれる親御様、アドバイスに顔を出してくれる学志舎の卒塾生、推薦特訓期間中に教室変更等に対応してくれている塾生、本当にありがとうございます。この場を借りて深く感謝申し上げます。

さて、今年度の推薦チームは、換気で教室が底冷えする中、アツい気持ちで特訓の日々を積み重ねてきました。いよいよ都立高校の本番も近づいてきましたね。

昨日(1/20)は、今年度の都立高校の推薦の応募状況がアップされました。

参考:東京都教育委員会

https://www.kyoiku.metro.tokyo.lg.jp/admission/high_school/application/release20210120_02.html

驚きの倍率に動揺した塾生もいるかもしれませんが、心配は無用です。

学志舎に通うみんなの倍率は、せいぜい「2倍」と認識してください。

どういうことか。

今までの推薦特訓で準備してきた自分を出せるか、出せないか。

それが全てです。勝負の世界は、そのどちらかなんです。

よく授業でも言いますが、「世の中は自分がコントロールできること、できないこと」の2つがあります。

コントロールできることに集中して今を生きるというのが正しい戦略で、それこそが人生で大事なことだと伝えてきました。今ある状況に対して悲観に思うことは、プラスには働きません。

自分の持てるカードを見つけ、頑張るのみです。

自分がコントロールできることは、本番までの準備であり、当日の自分の熱意であり、やるぞという気持ちです。

倍率はコントロールできませんが、自分の気持ちは自分でコントロール可能です。

都内でこの塾より頑張っている人はいません。これは卒塾生全員が言うセリフですよね。

自信を持って、残りの期間を充実させていこう!

もう一度言います。

 

せいぜい「2倍」

 

僕は、キミたちなら行ける気しかしません。

塾長とともに、残りの期間の全力投球に期待しています。