親御様メッセージ(2021年 都立立川高校3)

都立立川高校(K様)

この度は息子が大変お世話になり、幸いにも志望校に合格することができました。ありがとうございます。拙文ではありますが、お二人への感謝の意を込めて書かせていただきました。

長男を学志舎に転塾させた妻の思いが理解できました

合格発表の日は在宅勤務をしており、次男、妻ともに口には出さないものの、落ち着かない朝でした。合格発表をHPで確認すると・・・。次男の喜んだ顔が印象的でした。次男は小5に入塾しましたが、きっかけは、ママ友に誘われたから・・・。中学受験をすることもなく、正直、妻に任せっきりになっておりました。2年前に長男が中3になり、転塾して学志舎に入塾したとこがきっかけで、親のチカラupセミナーに参加させていだきました。今年度はコロナ禍での動画配信でしたが、布施塾長と村岡先生から「内申を上げるための学校生活の送り方」「これまでの実績から得られた都立受験のノウハウ」「子供との接し方」「高校受験後の考え方」など、今年も納得感のある内容であり、長男を学志舎に転塾させた妻の思いが理解できました。

学志舎の皆さんと一緒に戦っている一体感が伝わり

次男は学志舎のことを話すこともなく、家で黙々と勉強する様子もないため、親としてはイライラして、ついつい口出しすることもありましたが、そのような時にメールでご相談させていただきました。早速、その日のうちに親から相談があったとことを伝えずに次男と会話をしていただき、「息子さんはしっかり考えて取り組んでいるので大丈夫ですよ!」とご返信いただき、とても安心しました。また、受験前には学志舎からいただいた「一般入試合格のお守り」を拝見し、次男一人が受験と戦っているのではなく、学志舎の皆さんと一緒に戦っている一体感が伝わり、次男の心の支えになったものと思いますし、この様な環境で受験期を過ごせたことは、とても良かったと思いました。次男の志望校について、なかなか本人が口に出さないため、親があれこれ言っておりましたが、今思えば昨年度に見学した学園祭の印象が強く残っており、はじめから本人の意志が固まっていたのかと思うと、初志貫徹した次男の体験は今後に必ず生きるものと思います。幸いにも長男、次男ともに志望校に合格することができ、布施塾長、村岡先生をはじめ、塾の同級生、先輩の皆さまには大変感謝しております。また、この春から三男もお世話になりますので、引き続き、よろしくお願いいたします。