親御様メッセージ(2022年 都立西高校4)※推薦合格

=====

【都内NO.1】1クラスから都立自校作成校に「42名」が合格!(2022年)

学志舎調べ(大手塾のHPを確認)

ただ学志舎は自校作成校合格だけを目指している塾ではございません。あくまで受験を通したお子さんの成長が大切だと考えております。

=====

他塾ではなく学志舎を選んだ理由

学志舎に興味をもたせていただいたのは「実績がある」、「三鷹一中の子も多く通っていて地域密着型」、「積極的で意欲的な生徒が多く、勉強に集中できる環境」などといった先輩ママたちからの情報によるものが大きかったと思います。中学1年の終わりに無料体験授業に参加させていただいた際、都立中学受験不合格だった話になり、布施塾長が「落ちたことは全く気にする必要はない!この塾はそういう子たちがたくさんいて頑張って希望する高校にどんどん受かっている。高校受験は努力の積み重ねがそのまま結果につながりやすい。」とおっしゃったことが印象的でした。コロナの影響もあり、体験授業から入塾まで少し時間が空きましたが、塾長の自信あふれるこの言葉が、息子と私の心にずっと残っていました。また体験授業の際、教室で熱心に学習に取り組む塾生たちの姿を見て、あのような環境に身を置き自分も頑張ってみる、と息子も納得して入塾することに決めました。 

セミナーに参加した時の感想

コロナ渦でオンラインでのセミナーということで少々不安はありましたが、数字や経験に基づいた傾向と対策が端的に説明されており分かり易かったです。推薦入試については、学校ではほとんど具体的な対策はしないので、動向やポイントなどが聞けて大変助かりました。又、高校・大学・就職アドバイスや受験生に必要な栄養のはなしまで盛り込まれており興味深く聞かせていただきました。 

こどもの受験期の成長ぶり

中学3年の夏以降は学習量が格段に増え、疲れている様子もしばしば見うけられました。そんな時も、先生方からやる気を引き出す言葉をもらって奮起したり、学志舎には自分よりも頑張っている子はたくさんいる、みんなも頑張っているから、と意欲的な仲間に刺激をもらって塾の時間の他に自習や朝勉に励む姿がありました。

「見守る」親の心境

推薦特訓は、先生方と卒塾生の皆さんとのネットワークがとにかく凄いと思いました。特に面接の練習では先生方はもちろん、第一志望校在学中の卒塾生の皆さんが忙しい合間をぬって代わる代わる塾にきてくれ、色々と学校の話しをし、面接の相手をしてくださいました。志望校の生徒さんの生の話を聞けて興奮気味で帰ってきたり、日に日にテンションが上がっていくのがわかりました。何よりも先生方と卒塾生の皆さんがどんどん自信をつけてくれました。 終盤、親ができることはより限られてきます。先生方や卒塾生の皆さんが作ってくれているこの良い流れを決して邪魔せず、受験日に向けて心身ともに健康でいられるよう食事をはじめとした体調管理、あれこれ口出しをせず見守ることに徹しようと心掛けました。おかげ様で合格をいただくことができ、本人の大きな自信につながったと思います。合格発表をみた後、「自分が先輩方からやってもらったように後輩にもやってあげたい!」と息子が言ったとき、親としてとても嬉しく思いました。布施塾長、村岡教室長、卒塾生の皆さん、心より感謝申し上げます。