過去3年間の中3生の全進学先を更新しました。

 

「合格実績」へ

 

 

 

■全進学先(都立36名:2013~2015年)

西 2名、国立 4名、立川 2名、新宿 4名、駒場 4名、武蔵野北 2名、小金井北 1名、調布北 2名、豊多摩 5名、昭和 1名、

多摩科学技術 3名、神代 1名、調布南 1名、総合芸術(舞台表現) 2名、府中東 1名、田無 1名

 

■全進学先(私立27名:2013~2015年)

国際基督教大(ICU)1名、法政 1名、國學院久我山 1名、成蹊 1名、錦城 2名、日大鶴ケ丘 2名、 日大二 1名、 國學院 1名、

東京電機大 1名、 八王子 2名、工学院 1名、 実践学園(特進)1名、 実践学園 1名、 駒澤大 1名、 杉並学院(特進)2名、

大成(特進)1名、 日大櫻丘 1名、立川女子 1名、 武蔵野女子学院 1名、 文化学園大杉並(英語)1名、 明星学園 1名、日体桜華 1名、大東学園 1名

 

私立高校の第一志望者は12名。全員が合格されました。

 

しかし、思い出されるのは、第一志望の都立高校が残念ながら不合格になった15人のこと。

何が足りなかったのか?私自身に宿題が出された思いです。

その宿題を考えながら、今の子達と向き合っていきたいと思います。

ただ一方で、「合格という成功体験」と同じくらい、

いえ、もしかしたらそれ以上に貴重な体験をした子達のこれからの成長も楽しみだと感じています。

いつか成長した姿を見せてもらえたら嬉しく思います。

そして「あの悔しい経験があったから、今の自分があります!」と胸を張って言ってもらえたのなら、

おこがましい話ですが、私の指導や教育も成功だったと思っていいのかもしれません。

本当の教育の成果が出るのは20、30年後。

一時の、その場しのぎの指導ではなく、根を育てるつもりで、種をまき、目をかけ、手をかけ、

健やかな成長の一助を担っていきます。