※セミナー終了後、多くの感想メールを頂戴し、有難うございます。

一緒に参加された方がどのような感想を持たれたのか?

どのように行動を変えていこうとされているか?

参考にして頂ければ幸いです。

 

昨日は保護者セミナーを開催していただきありがとうございました。一般論ではなく布施塾長がご指導され卒塾されたお子さま、親御さまのお話なので説得力がありました。セミナーの感想ですが、

《不安になったこと》

内申が大幅UPされたお子さまの親御さまは素晴らしい方々で、果たして勉強、勉強と私に言われ続けた我が子は大丈夫なのか?と感じました。が、これからでも間に合うと信じます。

 

《安心したこと》

部活が一番という中学生活ですが、7月末の都大会が終わるまではそれでも大丈夫!間に合う!

 

《特に心に残った言葉》

「人間性を否定しない」受験生の親としてだけでなく、人として他者と関わる時に大切なことであると痛感いたしました。

 

《所感》

私が高校受験の時(はるか昔になりますが)、親が受験に関わることはありませんでした。(地方だったためか高校説明会も塾の進学説明会も一切ありませんでした)。それに比べ今の子は親が関わらなければならないほど精神的に弱くなってしまったのかしらと考えましたが、イヤイヤ子供が変わったのではない、親が変わったのだと気付きました。今は親が子ども対して細部にわたって過干渉で、子どもはとても窮屈な思いをしているかもしれませんね。反省です。子が受験生であるなしに関係なく、家で心穏やかに過ごせる環境作りと、身体健全で過ごせる生活管理こそが親がすべきことだと改めて感じました。

 

《最後に》

今回セミナーを開いていただき、親としての大切なことを思い起こすことができました。ありがとうございました。布施塾長を信じ、我が子の力を信じて見守って行きます。これからもよろしくお願いいたします。
●●の塾内での様子をお知らせいただき、本当にありがとうございます。我が子は貴塾の入塾条件に全く達していないにもかかわらず入れていただき、ずっとついていけるのか心配しておりました。ここにきてようやく安定して勉強時間が増えてきて、「毎日塾で勉強するのが楽しい、塾で寝泊まりしたいくらいだ」としみじみ言っており、別人と思うくらい本人は真剣に勉強に向き合えるようになりました。ここまでやる気になったのは明らかに布施塾長のおかげでございます。本当に感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございます。あとは布施塾長のおっしゃるよう勉強の中身が伴ってくるよう、口うるさくならないよう見守っていきたいと思います。どうか今後ともご指導よろしくお願いいたします。

 

 

先日のセミナーでは貴重なお話をうかがうことができました。ありがとうございました。 入塾してそろそろ1年になります。部活だけでなく、勉強も頑張るようになりましたがなかなか結果が出ない状態に、私の方が焦って、ついつい『勉強すれば?』『自習しに行かないの?』『成績上がらないね』とダメ出しばかりでした。数日前も中間考査の成績が良くなかった娘に『なんで?』発言をしたばかり。ですから塾長のお言葉、耳が痛かったです。勉強しなければいけないのは娘が1番わかっているはず。でも、引退するまでは部活動を全力で取り組みたいのも分かりますし、親としては部活の面でも応援したい。塾長のお話を聞いて、部活を引退したら勉強に力を入れると信じて、『勉強しなさい』を封印します。親は子どもにとって一番のサポーターであることを常に自分に言い聞かせ、環境づくりや言葉がけをしたいと思います。ありがとうございました。

 

 

日頃から大変お世話になっております。昨日は、お忙しい中セミナーを開いて頂き誠にありがとうございました。セミナー全ての内容が勉強になりました。その中でも子供とのコミュニケーションの取り方は本当に勉強になりました。これまで沢山の育児本やHow to本、心理学の本を読みあさりましたが、頭では解っていてもなかなか実戦出来ずここ迄来てしまいました。昨日の先生のお話は実生活の話を織り交ぜながらとても分かりやすく、共感出来るお話ばかりでした。私達夫婦も本当に布施先生を尊敬しているので、素直に聞き入れられました。特に主人にとっては昨日のセミナーはとても意義のあるものだったと思っております。娘が潰れてしまわぬ様に母としては守る事しか出来ませんが、先生から教えて頂いた事を胸に日々精進して参ります。娘が学志舎にお世話になってからまだ日は浅いのに、変わってきているのは、確実に先生の情熱のある指導のお陰だと確信しております。本当にありがとうございます。今後共宜しくお願い致します。