お盆休み中、自転車で来ている人は感謝の気持ちをもって、

「自転車の整備」をしましょう。

ニュースや新聞に触れる時間も持ちましょう。

そして何より、家族との時間を大切に。

受験生だからといって、お手伝いをしない、お爺さん、お婆さんのお話を聞かないといったことがないように。

メリハリ、ケジメをしっかりとつけ、学志舎の塾生らしい態度を取りましょう。

 

 

中3生の交換ノート(119ノート)の一部をご紹介します。

そこから夏期講習の様子を感じ取って頂ければ幸いです。

 

・充実しているので一日があっという間です。

 

・講習前はこんなに長い時間できるかな?と不安でしたが、最近では慣れてきて、もうこんな時間と思う毎日です。

 

・朝、学志舎に向かう途中、学校の先生と出会いました。「塾に行きます。」と伝えると

「今までこんなに早く塾に通っている子を見たことがない」と言われました。

 終了時間を聞かれたのでお答えするとさらに驚かれました。

 

・毎日が本当にあっという間で、7:30~21:30まで勉強してもまだまだ時間が足りないと感じてしまいます。

 

・充実した毎日を送らせてもらっていること、勉強にこれだけ集中できる塾に通わせてもらっている親に感謝したいです。

 

 

先日、制服で来ている子に「学校見学?」と聞くと、「お昼休みに中学校へ行って、質問に行きます。」とのことでした。

他にも休憩時間は13時までなのですが、「12:30には数学の宿題に取り掛かったら」と伝えると、

それまでのお喋りを一切やめて、また勉強に集中できるところも素晴らしいと思います。

さらに自習において、途中で帰る場合の報告まで行われている状態もスゴイと思います。

(自習なので自由ですから報告は構いませんので)

 

お陰様で、このように真面目に頑張る子達が通ってくれています。

お盆休みの帰省する、この機会にご先祖様に感謝してきたいと思います。

 

【中3生へ】
キックオフのピザパーティ、フットサル、アイス休憩、水泳、ドンタコス休憩、カロリーメイト休憩、午睡と

勉強以外にも充実していましたね。

それらについてのお礼を119ノートにきっちり書いているところが素晴らしいと思います。

 

※卒塾生達がサポートに来てくれました。

IMG_3811

5(水)は都立国立高校の女の子が、

7(金)は都立国立高校の男の子が、

8(土)は都立西高校の男の子が、それぞれ後輩のために駆けつけてくれました。

3人とも今年の中3生の頑張りに驚いていました。中3生は自信をもっていきましょう。

そして卒塾生に感謝しつつ、また頑張っていきましょう。