夏期講習の最終日。
夜19~22時まで親御様方との懇親会を実施しました。
計21人の親御様方が参加され、お子さんの頑張りや成長ぶりをご報告頂きました。

なかでも印象的だったお言葉が、次のものです。
「朝早くに出て、夜遅くに帰ってくる息子の頑張りを見ていると、簡単に疲れたなどと言えなくなった。」

「子どものことを考えると、親の自分がもっと頑張らないといけない励まされた。」

お子さんから刺激を受け、親御様の中でも何かが変わった夏期講習だったようです。

ただ、このマジックも普段の学校生活が始まると、だんだんと効果を失ってきます。
夏期講習の時のような強い気持ちを継続することができるかが勝負です。

「明日、受験日でも大丈夫?」と自分の中で問いかけながら、

目の前の一問一問に気持ちを込めてやっていきましょう。