【アツイ塾長と切磋琢磨し合える仲間と毎日努力】

 

 

私は中学3年生になった時、独りで行う勉強に不安を感じていました。そんな時、先輩や同級生から紹介されたのが学志舎でした。そこで一度、学志舎を体験させて頂いたところ、塾生の意識の高さと熱気、他を圧倒する演習量に魅力を感じ、その場ですぐに入塾を決めました。当初は、初めて塾に通うということもあり、不安を感じていましたが、すぐに「もっと早く入塾したかった。」と思うようになりました。そんな私がここに書けることは大きく分けて3つあります。少しでも皆さんの参考になれば嬉しいです。

 

 

1つ目は日々の“勉強のコツ” です。私が日々の勉強で大切にしたことは“間違えた問題を分析し、リピートする”ことです。私は“間違えた理由”と“解法、改善策”を専用ノートに記入し、その問題をリピートすることで身につけていきました。定期テスト範囲のものは1回目で間違えた問題に鉛筆でチェックし、理解した上で、2回目は間違えた問題だけを解きます。そして2回目で正解した問題はチェックを消し、不正解の問題は分析し、理解して、3回目として解きます。これらを繰り返し、全てのチェックが消えたら終了です。これを各科目最低3セット繰り返しました。受験勉強では、これに加え、科目別でオススメの勉強があります。数学は解法を公式化し、暗記する。理科と社会は塾長が用意して下さった大量のプリントを完璧にし、書き込み、ノートをしたことが大きな力になりました。

 

 

次は“心持ち”です。私の場合、それは“悔しさ”でした。私は「難関コース」ではなく、塾には私より勉強のできる仲間が多かったのでいつも悔しい気持ちに溢れていました。そこで塾長がアドバイスして下さったのが、“自分より勉強ができる一人を目標にし、勝負を挑み続け、より長く、より質の高い勉強をする”ことでした。このことが私の頑張りの原動力となりました。ここ学志舎でアツイ塾長と切磋琢磨し合える仲間と共に毎日努力すれば、必ず先は見えてきます。

 

 

最後は“推薦入試に向けた効果的な取り組み”についてです。私は推薦で第一志望校に合格することができました。推薦は運に左右される部分がたくさんあります。そこで私はスローガンを「人事を尽くして天命を待つ」ことにしました。私の素内申は36→40へとupしていたのですが、それでも合格基準に「1」不足していましたが、塾長は「チャレンジしてみよう。」とおっしゃって下さり、丁寧に指導して頂きました。小論文では塾長が様々な課題を与えて下さり、添削だけでなく、質問に対しても丁寧にご指導して頂きました。それによって私は小論文を書く上でとても大切な「自分の型」を作り出すことができました。次に集団討論については、塾内に集団討論の練習をする場を設けて下さりました。そこで自分より上位校を受験する仲間達と高いレベルの討論を経験し、その都度、塾長のアドバイスの下で試行錯誤しながら、慣れていくことができました。そして面接練習では練習機会を4回頂き、最後の1回は度胸をつけるために20人ほどの仲間の前で実施するという経験をすることができました。静かな中での練習はとても緊張しますが、その経験のおかげで当日は緊張せずに全力を尽くすことができました。これらの取り組みから、私はスローガンであった「人事を尽くして天命を待つ」ことができたと思います。

 

 

さらに推薦入試でもう一つ良かったことがあります。それは私を学志舎に誘って下さった先輩が私にアドバイスをして、励まして頂いたことです。しかも私の受験する学校名を聞くと、今度はその学校に通われている中学時代の友人にまで声をかけ、的確なアドバイスを頂くことができました。学志舎で自分を鍛えた先輩方が、卒業後も後輩のために動いて下さる、そんな先輩方の存在が学志舎の結び付きを表していると思います。推薦入試を受ける人は当日、とても緊張すると思います。しかし、やってきたことを思い返してみて下さい。そして、「絶対に受かってやる!」と思う一方で、「人事を尽くしたのだから、後は天命を待つだけ。」と思い、気楽に楽しんで下さい。応援しています。最後に、応援してくれた家族、アドバイスを頂くなど、後輩のために動いて下さった先輩方、毎日、切磋琢磨し合った仲間、そして常にアツくご指導して下さった塾長、本当に有難うございました。