14

昨日は、平成17年度の都立共通問題の解説でした。

理科も80点を越えてきている人が3分の2くらいとなり、

英語では90点以上が当たり前になってきました。

おおむね、予定通りのペースで、いい感じです。

数学も80点以上をキープしている人も増えています。

各科目についての10月の戦略は土曜に話をしたとおりです。

実践していきましょう。

平成17年度の数学「大問3の四角形の面積を求める問題」において、

「直交⇒傾きの積=-1」を利用して解いた人がいました。

授業後に私のところへ質問に来てくれましたが、お見事でした。

3年前に国立高校に合格した人も同じように質問に来てくれました。

つまり、そこまでのレベルにまで到達しつつあるということです。

自信を持って下さい。

 

【進路について】

志望校選定について個別に資料を渡しながら話をしています。

共通問題校において、内申の不足分のカバーは本当に厳しくなります。

内申が上がった場合、現状維持の場合、下がった場合の3パターンを今から考えておきましょう。

景気のいい話ばかりしていたいですし、盛り上げながらここまで来ましたが、

一方で現実的にならなければいけない時期に来ています。

辛い選択もしなければいけないこともありますが、それも人生です。

そして人間、万事塞翁が馬というのも人生です。

どのような選択肢が正解なのか?

それは誰にもわかりません。

さらに高校生活を充実させる、させないは、他でもない、自分次第です。

どのような環境であっても、「前向きに、一生懸命頑張る」という、学志舎で身につけた習慣を、

これから先も発揮されることを切に期待しています。

授業でよく話をしていますが、私の人生、これまで第2希望の連続でした。

でもだから不幸だったのか?というと、決してそんなことはありません。

その場、その場で学ばさせて頂いたことがたくさんあります。

全ては自分の心の持ちよう次第です。

 

※「119ノート」は水曜には提出して下さい。

来週の月曜からは、私の席に置いてから帰るようお願いします。