息子は中3の夏休みからお世話になりました。きっかけは中学の部活仲間からの紹介でした。もともと息子には「自分のことは自分で考えて決めてね!」と言い、受験に関しても本人に任せていた私は、息子から塾名を聞いた時は、正直“学志舎!?”と初耳で場所も知りませんでした。(失礼)その上、体験授業の日は「夏からなので毎日のように自習に参加させて下さい。」という塾長の熱意に反して「しばらくは息子のペースで慣れていくことから始めて良いでしょうか?」と聞いてしまったほどののんびりとした親でした。さらに入塾時の志望校はいわゆる“三北”のいずれかでしたが、2学期に入ってから息子から「塾長に国立とか西を奨められた」と言われ、「え?!無理でしょう!!」と受験生の母らしからぬ一言を思わず言ってしまったこともありました。

それから2か月後の11月。塾長から面談を求められ、「まだ本人が持っている潜在能力をまだ出し切れていません。このままではもったいないです。もっと授業時間以外も塾に来させてください。」と喝とも言える有難いお言葉を頂きました。国立と西を迷った末、西高を第一志望とすると決めた息子はやっとスイッチが入ったのか?それともヤケになって開き直ったのか?(笑)ほぼ毎日通うようになりました。が、たまに「行きたくねぇ~」と言う時もありましたが、そんな時は思いきって一日休んでonとoffを上手く切り替えていたようでした。中3の男子。塾の様子も自分の状態も語りませんでしたが、おそらく塾長は塾生一人一人の個性を見抜き、それぞれに応じたご対応、ご指導をして下さったに違いありません。そして、息子の持っていたものを引き出し、大幅に伸ばして下さったに違いありません。受験当日までは、学志舎で過ごした時間や経験は、結果に関係なく、息子の将来に役立つものになると思いながら、見守り続けていました。

そして結果は第一志望の都立西高校推薦入試に合格!

自ら進んで机に向かう習慣のなかった息子が塾長のアドバイスをきっかけに自分で決めた高い目標に向かって頑張ったことを褒めてあげたいと思うと共に、学力だけでなく、万全の準備で集団討論や面接に向かうことができた強い精神力や適応力など将来に役立つ大きな力を授けて下さったことを大変有難く、感謝しております。塾長にお任せし、息子を信じ、私は体調管理に気を配るだけで良い日を迎えることができました。本当にありがとうございました。