この度、長男が第一志望校の都立武蔵野北高校を推薦入試で合格し、今は4月からの通学を心待ちにしているところです。学志舎で過ごした時間は11ヶ月という短い期間でしたが、その中身は親の私でも経験したことのない濃いものであったと感謝しています。当初、我が家では高校入試にあたり通塾を考えておりませんでした。もともと真面目で自分で納得した事にはストイックに向かっていく息子でしたが、その半面のんびりしたところもあり気を抜くとすぐに油断してしまう性格のため、塾に通っていることだけに満足して油断に繋がるのではないかと危惧していたからです。

しかし、中学2年の定期テストではいくら学習をしても成績が上がらず、私共もアドバイスに行き詰まり、受験を1年後に控え、本人も家族も不安を感じ、通塾を考え始めました。周りのお母様方から他塾の評判をお聞きしたり、地元エリアの他塾の見学にも行きましたが、「ただ高校受験のためだけの塾ではなく、その後の大学受験・就職にも役に立つ子どもの意識を変えてくれるような塾はないか。」という私どもの欲張りな希望に、学志舎にお子様を通塾させていたお母様から「学志舎の塾長に任せておけば大丈夫。」という確信を持ったアドバイスを頂き、なぜそんなに自信をもって言えるのだろうと興味深く思い、体験授業と相談の申込みをしました。

入塾してからの毎日は、子供が目に見えて変化していきました。初めは授業のスピードについていくこと、部活との両立など課題はありましたが、それ以上に子供が“勉強にハマっていった”のです。塾長の防衛大学時代のお話や社会人経験からの先を見据えたアドバイス、前向きな言葉掛けは子どもを変えて下さいました。「自分で納得して受験をしたい、部活もあきらめたくない。」という本人の希望で9月末まで部活を続け、10月以降はエネルギーの全てを勉強に注ぐようになりました。塾長は子供一人一人をよく見ていて下さり、集中ができていない時はすぐに帰るようにおっしゃいます。逆にまだ集中できると感じた時は、子供が思う存分打ち込める環境を提供して下さいます。

塾長の子供一人一人の能力を見抜く力で的確なアドバイスと指導・言葉掛けをして下さり、お陰様で息子は自分の力で自分の能力を伸ばし、道を切り拓く方法を身につけることが出来てきたように思います。水泳指導・アメフト観戦・フットサル大会・内申を上げるための秘策など体験を通じ人間力を磨く指導もして下さいます。その力で今回の合格を勝ち取ることが出来たのではないかと思います。これは、他の塾には真似のできない学志舎の強みなのではないでしょうか。

もう一つ、学志舎の強みとして感じたのは集団としての強さです。一緒に学ぶ塾生はみな意識が高く、周りの姿を見て皆が自然と切磋琢磨できる環境です。教室に一歩入ると、集中していない子は1人もいません。自習時間は独りですと気持ちが緩みがちですが、学志舎ではお互いの姿がお互いを刺激し合い、集団で戦うチームとなっていました。息子が授業時間以外も惜しむように学志舎に向かうのはその環境があったからだと思います。

さらに学志舎には心強い先輩方がいます。自習を見守ってくれる先輩、体験を話に来てくれる先輩、受験直前のアドバイス等自主的に力を貸して下さる先輩がたくさんいます。実は息子は、推薦入試前日、周りからのいろいろなアドバイスに混乱し、自信を失っていました。そこで入塾を進めて下さったお母様に急いでアドバイスをお願いしました。するとその方のご子息から「塾長の元、これだけ頑張ってきたのだから大丈夫。」という言葉と共に集団討論・面接・作文に対して細かいアドバイスを下さったのです。さらに息子の志望校に推薦で合格した御友人からも情報を集めて下さいました。実際に経験した先輩からの言葉は、何よりも心強かったようでその後は「これだけやった自分が受からなくて誰が受かるんだ!」と自信を取り戻し、当日を迎えることが出来ました。塾に入って良かった、集団の力はすごい!と実感しました。忙しい中、アドバイスを下さった先輩・親御様、そしてそのような塾生を育てられた塾長に心から感謝しております。そして息子にもこのバトンを受け継いで欲しいと思います。

学志舎で身に付けた力は、今後の人生で必ず役に立つものです。私たちが探していた塾そのものでした。高校生になり通塾できなくなるのは残念でなりません。ぜひ今後も布施塾長には息子の人生の師として見守っていただければ幸いです。どうぞよろしくお願い致します。