仮内申のデータの整理をしていると、嬉しい結果が出ました。

それは「中3難関クラス」と「応用クラス」の内申upの平均が、

どちらもきれいに+3.6でそろったことです。

あまりにでき過ぎた結果となったので、確認を4回行いましたが、やはり同じ結果でした。

 

【中3難関】15人

37.9 → 41.5 (+3.6)

【中3応用】18人

32.4 → 36.0 (+3.6)

 

(注)

・数値は、9科素内申(45点満点)

・比較は、入塾時 → 入塾後(今回の仮内申)

・中1以前や中1春入塾の場合は「中1の1学期」との比較

・数値は公立中のみ

 

学志舎では「難関クラス」と「応用クラス」において、ベースとなる授業は「クラス一斉授業」をしております。そうすると「難関クラス」の子ばかり伸びるのでは?と懸念される方もおられると思いますが、このように同じような伸びとなりました。

 

また次回以降のブログでご紹介させて頂きますが、今年の中3生で一番、内申が伸びた子は9科素内申31→41の+10upで、「応用クラス」の子になります。

 

学志舎では一般的に考えられている壁や思い込み(クラス指導は個別指導ほど伸びない、自分のペースで勉強することが大切など)をどんどん壊して、勉強はこういう環境で打ち込むのが一番伸びるということを世の中にどんどん発信していきたいと思っております。

新しいことにチャレンジするのでなければ、また学志舎でなければできないことを追い求めるのでなければ、看板出してやっている甲斐もありませんから。

そして、今後も「布施匡章」でなければできないことにチャレンジし続けていきたいと思います。

そんな仕事がやっぱり面白いように思います。