学志舎 推薦特訓の様子4(2023年1月)

学志舎 村岡です。

写真トップは湯島天神の合格鉛筆。
石原先生が推薦チームに差し入れてくれました。
一般的に鉛筆は六角ですが、珍しい四角の鉛筆。
「五を欠く=合格」というメッセージが込められています。

さて、前回のブログに続き推薦特訓の模様をご紹介していきます。

土曜日に集結した高校1年生

都立西高校、都立青山高校、都立小金井北高校、都立武蔵野北高校、都立立川高校、都立調布北高校、都立国立高校の先輩たち。

この日は、忙しい中、都立国分寺高校3年の先輩や都立青山高校2年の先輩など、多くの先輩が来塾してくれました。ありがとうございました!

土曜日は高校2年生も参加。都立西高校、都立国立高校、都立駒場高校。都立国際高校の先輩たち

写真中央は、推薦合格した瞬間に自宅で号泣したという最高なエピソードを持つY先輩。

先週の土曜日は、なんと23名もの先輩が三鷹駅前校に集結!
どう考えてもこんな塾、他にはありません。
後輩想いの素晴らしい先輩たちに心から感謝!!

日曜日の特訓ミーティング。都立西高校(1年&2年)、都立新宿高校(2年)、都立駒場高校(2年)の先輩
W先輩(都立国立高校出身)と佐藤先生。確かな学力に裏付けられた添削スピードはもはや職人芸。

W先輩ありがとう!

W先輩は、毎年の推薦特訓だけではなく、季節講習の講師や自立学習の監督など大学4年間を通じて大活躍してくれました。本当に長きに渡り学志舎をサポートしてくれたことに学志舎一同、感謝しています。

W先輩の温かい励ましに多くの塾生が勇気づけられ、今年も推薦入試にチャレンジできます。本当にありがとうございました!(社会人になってもまた来てね!)

都立西高校(1年&2年)、都立国際高校(2年)、都立新宿高校(1年)の先輩。

写真右手の都立西高校2年のK先輩はアメフト部のマネージャーを務めるパワフル女子。中3当時、新宿区から三鷹の学志舎まで通ってくれました。今回も連日通ってくれて本当にありがとう!

都立西高校、都立国際高校、都立小平高校(外国語コース)の先輩たち。直前期もしっかりとフォロー!
学志舎の案内版

今年も三鷹産業プラザの会議室には連日お世話になりました。

貸会議室ですので、入室時に参加者全員で机とイスを配置していくのですが、推薦チームのみんなは到着してからテキパキと動き、あっという間にセッティングを完了してくれます。初日以外、細かい指示は出していませんが、中3生とは思えないほど仕事のできる子たちです。

普段から学級委員やリーダー役として行動することの多い彼らだからこそ、「今、何をすべきかを自ら考え行動できる」のだと思います。様々な中学校から通う子たちの集合体ではありますが、まるで一年以上同じクラスであるかのような行動レベルと効率のよさ。毎回、とてもいいモノを見せて頂きました。

入室時はバタバタしているため写真は一枚も残していませんが、私の目にはハッキリと君たちの動きが焼き付いています。推薦チームの責任者として、今年の思い出としてとっておきますね。ありがとう!

この記事を書いた人

大学卒業後、大手広告会社で営業や人事を経験。その後、企業や自治体、大学での講演活動に活躍の幅を広げる。採用の仕事において面接した学生数は1万人超。2017年秋、布施塾長の教育理念に共感し学志舎に参画。以降、小・中学生の文系授業を担当。

都立中学への細やかな作文指導が強み。都立高校の推薦入試においては、塾業界随一の面接経験、集団討論の経験を活かし、毎年、驚異の合格結果を出し続けている。直近5年間では都立推薦入試において74名を合格に導く。(1教室での実績)

多様な経験をしてきた強みを活かし、日々の学習を通じて社会で活躍できるような視座を子供たちに持たせることが目標。

一生ものの記述力をつけたい小学生。内申アップして一般入試で勝負したい中学生、将来に活きる推薦特訓で合格を勝ち取りたい中学生は、学志舎で待っています!

目次