木曜1(布施塾長)

塾長です。

学志舎講師陣「日替わりブログ」の「木曜担当」となります。中3(理系)の様子をお伝えしていきますので、お付き合いのほど宜しくお願いします。

目次

中3(数学)

市販の問題集の解説を独学で理解り進めていくことは簡単ではありません。解法の流れを掴むこともなかなか難しいものになります。そこで私の授業では次の3つを大切に授業を展開しております。

【1】問題文とのキーワード対応

【2】図解

【3】正解までの思考法(独り言)を可視化

塾生には数学ができる喜び、楽しさを感じてもらいたいと思っております。キーワードのチェック、独り言をつぶやきながら図を描き、私の授業を自分相手に再現することで、得点力をグングン伸ばすことができます。数学の内申は「3」しか取れなかったけれど、都立共通問題の入試当日点で90点以上を取る塾生が毎年数人おられます。

さらに関西弁でテンポ良く進む私の授業を帰宅後にマネし続けた結果、「寝言が関西弁になりました」と笑って話をしてくれた卒塾生も!(その塾生は私が1人で塾を運営し、5教科全ての授業を担当していた時の塾生です。中3春に入塾し、素内申32→42までupさせ、都立トップ校に合格されました。)

直近では2021年春入試において都立日比谷高校(数学)の当日点92点、都立西高校(数学)79点と高得点を獲得し、合格している塾生もおられます。

中3(理科)

夏期講習中に全単元をやりきります。なかなかハードですが、都立入試を知り尽くした塾長が当日点が取れるよう、効率的な暗記法やイメージが残りやすい解説を進めていきます。また、計算問題では着眼点や手順を丁寧に伝えていきます。

この1回の授業で少しずつでも成長して欲しい!
自分を変えるキッカケを掴んでもらいたい!

こんな思いで授業に臨んでいます。一緒に前へ進み、成長していきましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる