水曜5(佐藤先生)

学志舎 佐藤です。

今回は中2理系についての投稿です。

目次

数学

一次関数の単元に入りました。
都立高校共通問題では、一次関数の大問の正答率は50%ほどとなり、合否を分ける単元と言えます。

変化の割合(傾き)、切片など、新しい言葉を習いました。
慣れないうちは、手でグラフを描きながら問題を解いてみましょう。
問題の式をグラフにできることも1つの立派なスキルです。
座標の位置関係、グラフの傾きを視覚的にとらえることで、”y=ax+b”の”a”、”b”が何を指しているか、よりイメージがつきやすくなります。

期末テスト準備、スタート

期末テストの準備期間がスタートしました。
ここで、私の中学生時代の思い出を1つお話します。

私が中学2年生だったのは今から12年前です。学校から「ワークのp〇~□」などとテスト範囲が指定されるわけですが、「この範囲を学年の誰よりも解いた」という自信とともにテスト本番の日を迎えていました。
特別なことをやるのではなく、やれることをとことんやりきる。学志舎の塾生を見ていると、自分の中学生時代を思い出します。

正直に申し上げますと、中2の1学期期末のテストの自分の点数、すべて覚えております

そのぐらいの執着心で取り組んでおりました。
塾生のみなさんも、できることはやり尽くしてテストに臨もう!!

(ちなみに自分の点数は、国語89、社会96、数学95、理科92、英語97でした。塾長から確認の質問をいただきましたので、こちらでも記載しました。同じクラスにいつも点数を競い合う親友がいまして、合計点が私より8点高く、非常に悔しかった思い出があります。)

西高校の説明会に参加

5/26(木)の9時半より、山田先生の母校でもある都立西高校の学習塾向け説明会に参加しました。
教育方針について40分ほどご説明いただいた後、昨年度の入試問題(国数英)について各教科30分ほど出題意図などを解説していただきました。

総じて問われているのは、断片的な知識だけではなく、それらを組み合わせる思考力だと感じました。
また、特に文系科目では、語彙力や表現力が鍵になってきますので、日頃から本や新聞を読むなど、問題集以外の言葉にどんどん触れることが大切です。

残って先生方に個別質問もしましたので、その内容は授業などで共有していきます。

この記事を書いた人

(膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎2010年創業)海自とリクルートで培った「やりきる力」と「人の心を動かす力」を武器にエネルギー溢れるアツイ授業を展開。関西弁で入試問題にツッコミを入れながらテンポ良く進める授業で塾生達の頭をフル回転状態に。成績upや逆転合格を生み出す教育法は親御様から「学志舎マジック」と呼ばれる。たった1人で塾運営していた最後の年(2017年)には小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。日比谷・西・国立に計14名が全員合格となり業界で話題となる。過去5年間では都立高校に259名合格。そのうち西48名・国立26名・新宿19名・駒場27名・豊多摩23名と難関校・人気校受験で都内トップクラスの実績を残す。2022年3月には待望の三鷹駅前校がオープンし、中央線エリアからの入塾生が急増中。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

目次