◇都立三鷹中(親御様)2016年

都立三鷹中(後藤様)

図1

布施先生への信頼感、布施先生の影響力のおかげで最後まで頑張れたように思います。1月の最終模試の結果が悪かった時は落ち込んでいて声もかけられずにいましたが、布施先生に言葉がけを頂いて明るい顔で帰ってきた時は、ほっとしたのを覚えています。結果が良かった時も布施先生からの一言をもらった時に、自分に自信を感じられるようでした。親の言葉よりも娘に届いているように感じ、娘がすばらしい先生に出会えたことに本当に感謝しています。

 

5年生の時に三鷹中等教育学校の学校見学会を訪問し、立派な施設とさらに立派な生徒達に親子共に一目ぼれをして、受験を検討し始めました。それまでは公立中への進学を考えていたので、どこまで取り組むのか最初悩みましたが、親が中途半端ではいけないと考え、真剣にサポートをしようと決めました。布施先生からは、色々な経験を積んで遊ぶ時間も持つようにと言われていた時期でしたので、旅行などへ行ったり、提出する報告書に書けるような活動に意識して取り組んだり、メリハリのある生活をしながら塾通いをしていました。この時期の塾の授業と宿題が、一人で勉強に取り組む力、自分で自分を伸ばす力の基礎になりました。

 

6年生になり、いよいよ受験に向けた適性検査対策がスタートしました。学志舎主催の保護者向けセミナーを経て、徐々に家でも勉強メインの生活に切り替わってきました。初めて挑戦する作文は、あまりダメ出しをせずによい部分をほめることを心がけました。本人も模擬試験を受け始めて、結果が数値で出るようになり、また日々の先生からの言葉がけもあり、徐々にですが自主的に勉強に取り組むようになってきました。夏休みの長時間勉強を行っていた頃、中学生の塾生の「勉強に真剣に取り組むオーラ」を「自分の集中力」に変えられるようになったように思います。

 

夏休みまでにしっかりと基礎固めをした上で、過去問対策を9月頃からスタートしました。公立、都立の他の学校も過去問を入手し取り組みました。この頃には自分で毎日のペース配分をし、「過去問を解く→自己採点→直し」という流れができていました。算数系の問題は分かったときの楽しさが実感できるようになり、集中して取り組んでいる印象でした。

 

朝計算、朝漢字は6年生になってから週2,3回のペースで続けてきました。夏休みにやめてしまった際に、「計算スピード」が落ち、間違いも増えたのでちょっと気になるかなと思っていたタイミングで、布施先生からも指摘を受け、あわてて再開しました。作文での「漢字」の間違い直しも最後まで課題でしたが、作文の過去問に取り掛かる直前のタイミングで布施先生に注意をされ、それからは見違えるほど間違いが減りました。「いつ意識させるか?」そのようなことまでが、的確なのも布施先生のすごいところだと思ったできごとでした。

 

試験日が近づくにつれ、限られた時間で何をすればいいか分からず不安になることもありましたが、布施先生からは常に安心を頂き、また方向付けをして頂き進んでいくことができました。それから、学校の教科テストや漢字テストでも、塾の授業できっちり仕上げてもらっているおかげで、あわてることはほとんどなかったのがとてもありがたかったです。

 

合格発表の日は、自宅で番号を確認し、ひと喜びした後、先生に電話をすると現地にいらっしゃるとのことで、あわてて学校に向かいました。憧れの学校でこれまでサポートして下さった布施先生と一緒に合格を実感することができ、とてもいい思い出になりました。「布施先生のあれほどの笑顔は初めて見たね!」といまだに娘と話しています。

 

学志舎で、この受験を通じ、「自分のために本気で勉強する姿勢」を身に付けさせて頂きました。また、都立中受験の場合、もしダメだとしても次にまた「布施先生と2度目の(高校)受験に挑めるかもしれない」ということも心のよりどころになっていたように思います。本当にありがとうございました。

 

都立三鷹中(松山様)

母2

この度、息子が三鷹中等教育学校に合格することが出来ました。今振り返りますと、不安と迷走の毎日であったように思います。最後の最後まで子供と共に毎日悩み考え続けた日々でした。来年度以降受験をされる方に少しでもお役に立てますよう、感謝の気持ちを込めて書かせていただきます。

 

息子が学志舎に入塾させていただいたのは小学校5年生の10月でした。それまで続けていた野球チームを辞め受験に集中すると決めての入塾でした。好きなことを辞めさせてしまうことに迷いもありましたが、それまでの生活を一新しなければ合格はないと覚悟を決めての決断でした。その時から、息子の目標は「三鷹中学に入学して野球をやる!」になりました。我が家は昨年長男が高校受験で布施先生にお世話になっておりましたので、受験をするなら学志舎へお願いすることに迷いはありませんでした。学志舎で学んだ長男は、高校生になった今でも学志舎の環境を恋しく思うようで、テスト前には「学志舎へ行きたい」と話しております。あの緊張感、集中できる環境は他には無いそうです。そして、その環境や周りの生徒さんの雰囲気を小学校時代に味わえる弟をうらやましいと申しておりました。息子も長男が学志舎で学ぶ姿や成長をすぐ近くで見ておりましたので、学志舎で学びたいという気持ちは強く、自分も変わりたいという思いが伝わってきました。

 

しかし、入塾したからといって息子がすぐにやる気になり勉強に集中した訳ではありません。塾長がブログや勉強会等で塾生の様子をお聞かせ下さいますが、「席に座ってから、勉強を始めるまで何分かかるのだろうと時間を測ったことがあります」というお話を聞くと我が子のことだと心当たりばかりでした。「やっぱり野球がしたい」「友達と遊びたい」「勉強ばかりしたくない」という思いがあるのは小学校5年生でしたら当然な気持ちだと思います。親としては、「三鷹中学に入りたい」という気持ちがいろんな思いを上回って欲しいと願うばかりでした。そんな親の思いとは裏腹に、6年生の夏休みを迎えてもなかなか息子の意識は変わる気配がありませんでした。そんな不安から息子の力や塾を信じることが出来なくなり、塾長に失礼な疑問をぶつけてしまうこともありました。そんな時に塾長はご自身の気持ちをストレートにこちらにぶつけて下さり、こちらからのお話も聞いて下さいました。それ以降は、勉強の事は塾にお任せしよう、家庭では健康と気持ちのフォローをしようという思いに変わりました。その頃から、息子を連れて三鷹中学の見学へこまめに通うことにしました。授業の見学をしたり、野球部の練習用ピッチングマウンドを覗いてみたり、入学後の自分の姿をイメージできれば主体的に取り組めるようになるのではないかという思いからでした。見学に行った時は息子も目をキラキラさせやる気に満ちた表情をしていました。しかし、長続きはせず翌日にはいつもの生活に戻るという繰り返しでした。

 

息子の意識が変わり始めたのは、何度か模試を受け始めた6年生の秋頃からだったように思います。自分のやった事が結果として模試に表れてくることで、やらされている受験から自分のための受験に意識が変わりました。さらに年末になると本気モードの高校受験に向かう先輩方の熱気と姿勢に感化され、勉強に向かう姿勢も変わりました。

 

学志舎では、中学生も小学生も同じ1つの空間で学習しています。教室も1つ、先生もお1人です。他の塾には絶対にない環境ですし、あり得ないと思われる方もいらっしゃるかも知れません。しかし、そのお互いに刺激し合う空間は他の何にも代え難い貴重な環境です。子供の…人間の影響力ってすごい!と感動すら覚えるほどです。もちろん、空間が1つであれば良いのではなく、そこには日々の布施先生の塾生に対する熱い思いやお力があってこその環境です。他の塾には真似のできない、まさに『布施マジック』といわれる所以なのではないでしょうか。

 

年が明けるころには「塾に行きたい」「塾に行くと集中できる」と自習も積極的になりました。「今日は塾長が小学生も21:00まで自習をしていいと言って下さった」と一度帰宅し急いで夕食を済ませ、再度塾へ向かい21:00ぎりぎりまで勉強をしてくるという日まで出てくるようになりました。家に帰ってからも「もう1つ作文を書いてから寝る」と3カ月前の息子からは想像もできない台詞も聞け、受験当日は「あとは力を出し切るのみ、思いっきりやっておいで!」と息子を送り出すことが出来ました。

 

一般的に高校受験と中学受験では親の関わり方が違うという話を聞きます。確かに、長男の高校受験と比べると本人の意識を変えることが一番苦労した点です。本人のやる気が受験成功の源だと思います。振り返りますと息子のやる気を引き出して下さったのは、「人が作り出す環境」でした。どんなに親が「やる気を出して」と言っても、どんなご褒美を準備しても無駄でした。塾長・中学生の先輩方・一緒に学ぶ小学生・卒塾した先輩方・兄弟等、周りの人の影響と環境が息子の意識を変えて下さいました。息子には、その方々がいて下さったお陰で合格が出来たことを忘れず、全ての方に感謝をして中学生活を過ごして欲しいと思います。

 

今は合格させていただいた感謝の気持ちでいっぱいです。学志舎は受験の合否だけではなく、1つの事に向かって本当に一生懸命やるということはどういうことなのかを学べる場所だと思います。本気で合格したいと覚悟を持って取り組めるお子様にこそ、お勧めしたい塾です。この素晴らしい環境が益々ご発展されますことを心からお祈り致します。本当にお世話になりました。ありがとうございました。