☆ 国立(親御様)2021年

都立国立高校(K様)※推薦合格

「おっしゃぁ!!受かったぁぁ~!!!」感極まった息子の雄叫びと弾ける笑顔。忘れられない、喜びに満ちた瞬間でした。

言葉に尽くせないほどお世話になった方々に笑顔で報告ができたことが何より

推薦入試当日。面接は楽しかったし面接官の先生も笑ってくれていた、やれることはやり切ったと息子は話していました。でも、小論文で少なくとも1問はミスしたようだったことと、長男の受験時の切ない思い出から、推薦入試はそうそう簡単に受かるもんじゃない、受かるか受からないかは半々だ、慎重な気持ちでいなくては..と思っていましたので、合格を知った時には思わず涙がでました。

受検番号間違えてないよねと、息子と二人で何度も確認しました。掲示や写真を見返す程に、今でも感無量です。そしてこの合格は、決して息子一人では成し得なかったことだと心底思います。布施塾長、村岡教室長。毎日一緒に通ってくれた友達、切磋琢磨した仲間、学校の先生。周りの方々のお陰で、今のこの合格があります。言葉に尽くせない程お世話になった方々に、笑顔で報告ができたことが何よりだと思っています。本当に、お世話になりました。ありがとうございました。

あっという間の3年半。

学志舎には小6の夏休みからお世話になりました。勉強のためというよりも、仕事で長い時間留守にするため、子供の安全な居場所を作りつつ勉強の習慣も身につけられればと考え、軽い気持ちで子供に話をしたところ興味を持ちましたので、体験授業を経て入塾を決めました。あれからあっという間の3年半。息子はいつの間にかこんなにも成長していました。

でも、中3の始めの頃はまだ志望校も特に決まってはおらず、休校期間中は毎日のようにゲームを何時間もやっていたり、こんな感じで大丈夫なのかなと少し不安にも思っていました。息子に志望校のことを聞いても、そこまで無理して頑張ってどこかを目指すというより、あまり無理はせず確実に入れるところに入りたいと言っていたので、親としてはもうちょっと奮起してできるところまで挑戦してみたらいいのに、と物足りなく感じていました。それでもある日、子供部屋の机の前に「今の気持ちを忘れるな」と書いて貼ってあるのを見て、彼なりに何か思うところもあるのかな…と思っていました。

家で勉強しているところはほとんど見ていない気がします

しかし今あらためて振り返ってみても、家で勉強しているところはほとんど見ていない気がします。ただ、朝から晩まで教室を開けてくれている学志舎に、毎日毎日、毎日通っていました。あとは毎晩寝る前に、学志舎でもらった英語のプリントを読んでから寝る。ただそれだけ。私は日々仕事をし、慌ただしくご飯を作り(もちろん簡単なメニューですが)、子供が帰ってくる22時過ぎには必ずお風呂を沸かしておく。ただそのような毎日が過ぎていきました。そんな中、そうこうしているうちに2学期末となり、通知表で初めてオール5をもらってきました。この子はこんなに頑張っていたんだ…すごいなと、自分の子供ながら驚き感動しました。

内申点は受け身でもらうものではなくて自ら取りに行くもの

学志舎では、内申点は受け身でもらうものではなくて自ら取りに行くものと教えていただきましたが、具体的な内容はというと、それはつまるところ、先生に媚びるとかゴマをするとかではなくて、人としての礼儀を尽くす、学生として当たり前の振る舞いを具体的に臆せずに実践するということに他なりませんでした。その教えが、このオール5という内申点に間違いなく結びついたと私は思っています。

心構え、気概、人生で大切なものを教えていただけたことに価値があった

布施先生や村岡先生から教わることは、問題の解法だけではありません。心構え、気概、人生で大切なもの、お二人からそういうことを教えていただけたことが、何よりも価値があるように感じています。
(ちなみに、体験入塾では何やら非常に静かで真面目な授業風景なのですが、普段の授業では先生の色々なお話がものすごく面白いらしいです)

親のチカラUPセミナー 「精神性+論理性×具体的な実践方法」

また、学志舎では親のチカラUPセミナーという親のための講義があります。
子供にとっての親のチカラ面だけにとどまらず、また決して眠くなってしまうようなものではなく、非常にためになる内容の濃いセミナーです。今年はコロナの状況下でしたから、内容を書面で配布して済ませることもできたと思いますが、対面で聴講するのと同じような動画を作成し配信いただきました。
先生二人で小学5年生から中学3年生までを全部みるという超人的に忙しい中で、親身以外のなにものでもありません。ここで声を大にして言いたいのですが。学志舎で教えていただけることはまた、精神的なことだけではありません。驚くほど細かいデータ分析を根拠にした導き、深く豊富な経験からの説得力に満ちたアドバイス。このお二方の仕事の質、量、そうそう真似できるものではないと思います。
「精神性+論理性×具体的な実践方法」を教えてくださる先生。
そこに集まる同じ志を持つ仲間そして学志舎を誇りに後輩のために尽力してくれる先輩。
村岡先生のお言葉。
「学志舎はアイスではなく、カレー。」その通りですね。ひんやり甘くて口当たりよく、すっと一瞬で溶ける美味しさではなく、熱くて時に辛すぎるくらい辛いけど、コクがあって煮込めば煮込む程とても美味しい。まさに最強の塾ではないでしょうか。

夜に疲れて塾から帰ってきて、「楽しかったー!!」

中3の1月、推薦特訓の初日。帰宅した息子はただいまよりも先に開口一番、「楽しかったー!!」とひと言。夜に疲れて塾から帰ってきて、「楽しかったー!!」です。この時もまた、つくづくすごい塾だなあと思いました。

 

海斗にとっての学志舎。尊敬できる大人に、二人も出会うことができた。同じ志を持つきらきらした仲間たちと、学志舎を誇りに思い後輩のために尽くしてくれる先輩方に出会うことができた。息子にも私にも「一生忘れられない出会い」が、本当に、実際に、ここにありました。なんてかけがえのない贅沢な宝物だろう、心からそう思います。今後とも、末永くよろしくお願い申し上げます。

都立国立高校(Y様)※推薦合格

この度、無事第一志望校への進学が決まりました。布施先生と村岡先生のご指導により、受験期を乗り越えられたこと、大変感謝しています。ありがとうございました。息子は小学6年生3月から3年間、学志舎にお世話になりました。塾選びで考慮した点は2つです。

【1】自宅から無理なく通える距離にあること

【2】進学実績が良さそうなところ

進学実績については、学志舎の前を通るとつい目に入る「○○高校〇名合格」の張り紙で、自然と刷り込まれていたように思います。体験に行くと、息子は「ここにするよ」と即決でした。他の塾の体験をして比較する予定でしたが、息子には何か感じるものがあったようです。布施先生との面談、教室にいる塾生のピンと張りつめたような黙々と勉強する姿、すっとした空気感が良かったのだと思います。
中学2年生から成績が上がりはじめ、中学1年と比較して内申は9アップし、3学期には親が期待した以上の成績を取れるようになりました。
本人が高い目標を持ち、定期テストや授業に取り組む姿勢は、学志舎のご指導があったからこそ、と実感しています。

自習の時間は息子たちが集中して勉強する貴重な時間

中学3年生になると、新型ウィルスの影響で制約が多く、自宅に居る日々が続きました。中学校の休校期間中に、学志舎ではZOOMでの自習の時間を設けてくださいました。家にいるとダラダラするばかりだったので、この自習の時間は息子たちが集中して勉強する貴重な時間となりました。

また、保護者向けのセミナーも動画配信で視聴でき、志望校を絞り込む大事な時期には布施先生と村岡先生のアドバイスが大変参考になりました。併願校選び等、不安や迷いを払拭することができました。

良い刺激を受けているのだな、

年末から推薦特訓が始まると、卒塾生の先輩や塾生の方々と話す機会が増え、先輩から受けたアドバイスや高校のことを話すようになりました。良い刺激を受けているのだな、良かったね、とこちらも嬉しくなりました。先生方の熱いご指導で、気持ちを奮い立たせ、自信をもって面接に臨むことができました。面接の練習をする息子を見ると、こんなに、はきはきと話すことができるようになったのか!と驚くほどでした。

試験当日、息子はノートを持参しました。その表紙には学志舎の先生方や先輩、塾生、学校の友人の寄せ書きがあります。皆さんの言葉を励みにして、入試に挑戦することができました。一日の大半を勉強に費やし、毎日継続したことは本人の努力ですが、その素晴らしい環境を作ってくださった学志舎に感謝しています。先輩に励ましてもらったように、今後は、これから受験に挑む塾生の皆さんを応援できるよう、バトンをつなげられたらと思います。これからもよろしくお願い致します。

都立国立高校(A様)※推薦合格

この度は娘が第一志望である国立高校に推薦入試で合格を頂くことができました。布施塾長、村岡先生のご指導、卒塾生の皆様の存在、共に学ぶ塾生の皆様の存在の全てが娘の力となり、頂くことができた合格だと思います。

娘は幼い頃から学外でのスポーツ活動に取り組んでおり、ほぼ全ての時間をそちらに費やしていた為、勉強はとにかく集中して学校の授業を受ける、宿題は隙間の時間を見つけて終わらせるというスタイルでした。スポーツに関しては、娘は愚直に毎日練習し続けないと技術を維持することが難しい技量でしたので、高校受験が近づいた中2の終わり頃には、どちらも中途半端になるよりは、一旦終了し、勉強に集中するという結論に達したようです。

国立高校の魅力、志望校への可能性

学志舎の評判は以前から耳にしておりました。
また職場の同僚の方お二人のお子様が卒塾生という出会いがあり、そのお二人がとても感じが良く素敵な方たちなので一気に学志舎への信頼感が増し、中3になる春期講習から入塾を決めました。
最初の頃は本人も親も学力の程が未知数だった為志望校も決まっておらず、気持ちもふらふらしていたように思います。国立高校の自由な校風や、評判の高い学園祭、高校のある国立の町並みの美しさなどは、娘の性格に合うだろうなとは思っておりましたが、コロナウイルスの為学園祭を見に行くこともできず、何しろ高望みだろうという思いから強く志望していたわけではありませんでした。ただ一応書いてみようと、一番最初の模試の志望校に書いてみたところ、思いのほか良い評価を頂けたので、これは志望してもいいのかもしれないねと可能性を感じました。

その後、規模縮小ながらも開催された8月の終わりの学校説明会に滑り込むことができ、国立高校の魅力を肌で感じることができました。そして、塾に来て下さる卒塾生の皆様の素晴らしさに、娘も受験勉強を頑張ることの意義を見出していったように思います

生徒の性格を見切る先生方の熟練の技

過去問に取り組み出してからは、「全く解けない〜!」と言いながらも楽しそうでした。ただ勉強への意欲が湧いてきたのと反比例して、学校生活の疲れはピークに達したようで、2学期の内申点が出た後は登校を渋る日が増え、何とかバランスを取ろうと苦悩する娘を見守ることが一番大変でした。幸い担任の先生の理解もあり、数回のお休みを交えながら乗り切ることができました。学志舎の先生方も娘の独特な短期集中型の性格(じーっと空を見つめ、納期ギリギリになって急に動き出し、終了の合図と同時に完成させる不思議なムーブです)を見切って、見守って頂き(合格後の面談で教えて頂きました)、鬱屈した時期を追い詰められることなく過ごすことができたようです。生徒の性格を見切る先生方の熟練の技に脱帽です。

もし推薦がだめでも本当に良い体験ができている

年明けの推薦対策講座は本当に楽しそうで、毎日夜遅くまで塾の様子を話してくれ、私にとっても楽しい日課となりました。「村岡先生はすごい」、「先輩がすごい」、「色々な話を聞けて楽しい」と高揚感に満ちた日々だったようです。15歳のこの時期に、生徒たち同士で自分の考えや将来の夢を伝え合い、ディスカッションするという経験こそが大きな財産になったと思います。娘とも、もし推薦がだめでも本当に良い体験ができているねと話していました。

「力は出し切ったし、そう伝えてきた」

そして、推薦入試本番でも「力は出し切ったし、そう伝えてきた」と楽しそうな娘を見て、結果はどうあれ推薦入試を受けて良かったと安心しました。ただ、娘の内申点は42と不安の残る数字でしたので、合格についてはさすがにどうだろうと思っていたのですが、手応えのまま合格を頂け大変驚きました。塾長や村岡先生が大丈夫とGO を出して下さったのは故あってのことだったのだなあと感心しきりです。「さすが学志舎!」の一言に尽きます。本当にありがとうございました。