☆ 新宿(親御様)2015年

都立新宿高校(和泉様)

図1

この度、息子は無事に「都立新宿高校」に合格することができました。この合格は布施先生と学志舎の存在なくしては成し得なかったことと、感謝に溢れる気持ちを親子で噛み締めております。学志舎との出会いは、中学2年の冬、2学期の期末テストを終えた時でした。定期テストや成績に伸び悩みを感じていた息子から「塾に通いたい」という言葉を聞き、私がインターネットで検索して見つけたのが学志舎のホームページと塾長のブログでした。今まで調べてきた塾とは明らかに違う雰囲気を感じ、「ここしかない!」と私の直感で体験授業を申し込んだのですが、実際に授業を体験した息子は「授業がわかりやすかったのはもちろんだけど、何よりあの雰囲気はすごい。勉強をするのに最高の環境だと思う。」と、すぐに入塾を決めました。誰一人として私語をする塾生はおらず、授業の隣では黙々と自習に励む先輩方の姿に大きな衝撃を受けたようでした。

 

3年生の夏休み前までは部活と両立させながらの塾通いでしたが、苦にする様子はなく、むしろ通えば通うほど勉強が楽しくなった様子でした。通塾してしばらく経った頃、「今まで勉強だと思っていたものは、勉強ではなかった。」と言った息子に、学志舎での圧倒的な演習量によって「勉強とはこういうものだ」という新たな認識を持ったことが感じられました。また、「全員が集中して勉強している環境」というのはモチベーションを保つ上で特に重要なポイントだったようです。「1人では無理だと思う、みんながいるから頑張れる。」と何度も言っておりました。さらに、一番多く話題に上ったのは塾長の熱心なご指導についてでした。「頑張っているね。」と声をかけた私に、「いや、自分なんて全然。先生がすごい。とにかくすごい。」との答え。何度この言葉を息子から聞いたでしょうか。朝早くから夜遅くまでの授業、全学年の全教科を塾長お一人で担当し、質問に答え、記述問題の採点をし、個々の成績や弱点を把握、対策を指導される姿に、職業、仕事の枠を大きく超えた使命感とも言える気迫を感じておりました。志望校に合格する力を身につけることができ、また最後まで頑張り抜くことができたのは、何よりこの塾長の熱意溢れる姿に引っ張っていただいたお陰であったと思っております。

 

実は入塾当初、志望校については明確な目標が定まっておりませんでした。「まずは内申を上げたい。」その気持ちはあったのですが、受験とは?進路選択とは?その先の将来は??具体的なイメージも無かった息子は高校案内の本に数字だけでラインを引き、このくらいの学校には行きたい。という程度で志望校を挙げていました。チャレンジするという意識はおそらく薄く、果たしてそれで良いのかどうか?親としても、本人に任せていると言ってしまえばそれまでなのですが、受験について的確なアドバイスが浮かばなかったというのが実情でした。そんな息子が、塾長のご指導を受け、他の塾生と切磋琢磨していく中で新宿高校の名前を意識するようになり、見学や説明会を経て第1志望として決定したことは、今でも信じられないような気持ちでおります。本人も最後まで「まさか自分が新宿高校を目指せるようになるとは思わなかった。」と何度も口にしておりました。

 

目標を定めてからは合格に向かってひたすら突き進んだ毎日でしたが、自分の限界を決めず、チャレンジし、最大限の努力をしなければ見えなかった世界に立つことが出来た今、全ては塾長のご指導と仲間の存在があってのことと心から感謝しております。

 

全てが終わり、「受験勉強は、常に自分と向き合い対話する作業の繰り返しだった。」「できない自分と向き合い続けることは辛く苦しいけれど、やってよかった。」「まだまだできる、もっと勉強がしたい。」そう話す息子をみて、大きく成長したことを感じました。

 

心から「師」と呼べる布施先生に出会い学んだこの1年間は、一生忘れられない経験となり、また、勉強だけではなくこの先の人生を歩んでいく上で土台となる、かけがえのないものを得られた時間となったようです。親である私自身もまた、多くのことを学ばせていただいたくことができました。学志舎に高校部がないことは大変残念ではありますが、卒塾生として、これからも末永くお付き合いをさせていただければ幸いです。本当に、本当に、ありがとうございました。

都立新宿高校(伊藤様)

母2

私どもは多分、学志舎開設以来、最も手のかかる問題児だったことでしょう。「内申35から新宿高校合格へ」ありえない道のりを恥ずかしながら投稿させて頂きます。入塾したのは中学2年の3月です。それまでは近所の個別塾に通っていました。本人から「受験に心配だから塾を変えたい。」と言われ、成績が伸び悩み、不安を感じていた時でしたので、塾探しをしました。そして実際に学志舎の体験授業を受け、本人もその場で納得、入塾させて頂くことになりました。我が子は中学3年になってからネットの動画等やゲームを深夜まで続け、生活習慣は乱れていきました。それを改善させようと夫婦そろって叱り飛ばし、何回も壮絶にぶつかった結果、親子関係は悪化の一途、会話も最小限になっていました。そのため一縷の望みをかけ、布施先生に面談を申し込みました。するとお願いしたその場で快諾!電話を切ってすぐ学志舎に向かいました。ゲーム三昧でネット依存を心配していること、生活習慣の乱れが改善しないこと、親子関係も悪化していること等ありのまま相談しました。その話を受け先生が「ネット依存ではありません。今の生活は心配ですが、親が干渉しすぎることもよくありません。私が本人と話をしましょうか。」と言って下さり、大げさですが天の助けと思いました。

 

その日より先生から本人に度々面接、指導がありました。しかしすぐに習慣は変わりません。先生に「ゲーム機を預かりましょうか。」とまで言って頂けました。ただその頃には本人から「ゲームは学校などで嫌な事があった時のストレス解消、リフレッシュできる貴重なツールである。」ことも聞いていました。そこで、今はまだ先生と本人との信頼関係を確実にすることを大事にしたい、そして本人の自制を期待したいと思い、お断りしました。

 

その後もメールや電話で状況を報告し、都度相談させて頂きました。この頃の内容は「進学相談」ではなく「生活指導」と「親のケア」という感じです。他の進学塾ではここまでして頂けないでしょう。有難さと申し訳なさに頭が下がります。

 

そうして少しずつ親子関係も回復してきたように思います。親のした事は、①「勉強しろ」とは言わない、②頼まれた時間に起こす、③雨の時の送迎だけでした。

 

1学期中も習い事の英語スクールへ週2回通っていました。ここは先生の面倒見やクラスの雰囲気がとても良く、本人も気に入って続けていました。しかし、英語は得意でしたが、他科目(特に理社)が追い付かず、布施先生から「得意な英語を続けても伸びは少ないです。それより理社を伸ばした方が良いです。」と再三英語スクールを中断し、学志舎での勉強に専念するように言われていました。

 

そして迎えた1学期の終わり、なんと内申を5も落としていました!当初志望校を「都立○北高校」にしたかったので、目の前が真っ暗になりました。父親は「どうせこの成績だと都立は無理。良い高校に行くことだけが目的ではない。将来英語を使える方が大事。」と英語スクール中断に猛反対。本人もなかなか決心できずにいました。

 

そんな時、布施先生が「都立新宿高校なら可能性があります。きっちりと戦略を立て、頑張ればいけます。」「英語を使えてもそのベースに一般常識がなければ意味がありません。社会人として一通りの仕事が責任を持って果たせた上で、はじめて英語を使った仕事を任せられるのです。」などリクルート勤務時の過去の経験を含め、諭して頂きました。この言葉で本人も決心がついたのか、父親に「今まで英語スクールに通わせてくれてありがとう。どうしても都立に行きたい、理社を頑張りたいから中断させてほしい。」と申し出ました。父親もそんな我が子の態度に良い意味で驚き、本気の思いを知って「それなら本気で頑張れ。」と応援。英語スクールを9月から中断し、都立新宿高校を目標に学志舎で全力投球することになりました。

 

夏を過ぎても相変わらずゲームなど続けていて、家では全く勉強しませんでした。遅めですが、自習にはサボらず通っていたので、言いたい気持ちを我慢する日々でした。ただ勉強が大変そうだったのは事実で、毎日23時過ぎに疲れ切って帰宅していました。

 

2学期の最終内申は、1学期から挽回したものの、35でした!常識では都立新宿高校は絶対無理です。模擬試験の結果も偏差値は58から68までupしましたが、内申が影響し、「B判定」止まり、親は不安にかられ散々悩みました。結局、「本人の人生だから。布施先生を信じよう。」と私立の併願校も含め、最終進路を本人に先生と相談し決めさせました。

 

都立試験前、本人から「ここまでやったから後悔はないよ。私立高校になっても頑張るから。」と言ってきました。この時ばかりは私も涙をこらえるのが大変でした。

 

2月24日の試験、全く手ごたえがなかったようで本人は半ばあきらめていたようですが、結果は無事「合格」!布施先生の読み通り!本人の必死の努力と“布施マジック”が見事結実した瞬間でした。

 

我が子は本当に成長しました。以前は机に向かって勉強することはなく、何かに挑戦することをどこか避けていたように思います。しかしこの1年で勉強するとはどういうことかを知り、目標を持ち一生懸命になって取り組み結果を出したことは大きな財産です。布施先生に出会い、丁寧に導いてもらえたことにより身に付いたと思います。また他の塾生の皆さんと一緒に勉強していたので、最後まで頑張りきる事が出来たのでしょう。親も学びました。見守る難しさを痛感しています。信頼できる指導者を見つけ、良い環境に子どもを置くことが何より大事なことでした。

 

学志舎には、布施先生が生徒一人一人を正しく見つめ適切な指導をタイムリーに行ってもらえる面倒見の良さと、切磋琢磨できる集団の良さがあります。そして「受験して合格する」だけでなく、他に多くの経験を得られます。私どもは学志舎で学ばせて頂くことができ本当に幸運でした。そして人生を変えるような経験もさせて頂けて、心から感謝しております。

布施先生は、お若く、溌剌とされておられますが、どうぞいつまでもご活躍できますようご自愛ください。そしてこれからも折に触れ、お付き合いさせて頂ければ幸いです。宜しくお願い申し上げます。

都立新宿高校(大塚様)

図1

私立の中高一貫校に通っている娘が、中3の夏休み前に突然「高校は都立に行きたい」と言い出しました。今の中高一貫校も娘自身が強く希望して入学したところだし、せっかく高校受験がパスできるのにとは思いましたが、いろいろ理由はあるのでしょう。聞けば、受験勉強をする覚悟はあるとのこと。それに、私は都立新宿高校の出身(30年も前の話ですが)で、都立で3年間過ごす楽しさを娘に体験させてやりたいという思いもあり、外部受験を認めました。ただ、学校は中高一貫校なので受験用の勉強はもちろん、受験指導さえしてくれません。どこか塾を探してやらなければと思い、いろいろなところからパンフレットを取り寄せましたが、個人指導の塾は値が張りますし、大手の進学塾はどこも似たり寄ったりで違いが分かりません。そんな中、目に留まったのが学志舎のネットの口コミです。「熱血先生1人が全教科見てくれる」「開校して間もないが、塾生の成績up率は大手の特進クラス並みで異常」というコメントに興味が湧きました。早速連絡を取り、娘とともに布施先生と面接。お話を伺って、普段はクールな娘も「ここで頑張る」と意思を固めたようで、その場で入塾を決めました。教室には多くの生徒さんが静かに自習していて、空気が張りつめているのが印象的でした。

 

夏期講習からスタートしましたが、それまで家では定期試験の前日ぐらいしか机に向かっていなかった娘が、毎日朝から真面目に通い、くたくたになって帰ってきます。驚いたのは、2学期が始まったら週3回だと思っていたのに、月〜土の毎日、学校から帰ったらすぐに塾に行き、夜23時過ぎに帰ってくること。授業がない時も皆、塾に行って自習しているのですね。「塾はどう?」と聞いても、「大変」としか答えない娘ですが、何か魔法にかけられたのではないかと思うほど、意欲を持って勉強に時間を費やしていました。

 

その成果は如実に現れました。模試を受けるたびに、成績が上がっていったのです。学志舎に入る直前の7月に受けた外部模試で40程度だった偏差値が、最終的には72まで上がりました。おかげで娘は、夏休み前は現実的ではなかった新宿高校を第一志望に決めることができました。

 

また、学習面だけでなく、精神的な面でも先生のアドバイスが効いていたのでしょう。受験直前になっても娘は「今さら焦っても仕方ない。」と言い、普段通り過ごすことができていました。

 

結果、第1志望に合格。娘は私の後輩になりました。親が共働きということもあり、全面的にお任せしっぱなしでしたが、合格発表時の娘のとびっきりの笑顔を見て、学志舎に通わせて本当に良かったと思いました。入塾してからの8カ月間は、娘にとって単なる思い出ではなく、これから生きていく上での自信につながる、宝物のような体験になることでしょう。布施先生に心から感謝しています。ありがとうございました。