☆ 駒場(親御様)2021年

都立駒場高校(H様) ※推薦合格

学志舎の体験に参加させていただいたのは息子が6年生の3月でした。それまで続けていた通信教育を5年生で辞めてから、6年生の1年間は空手に力を入れていたこともあり、テストの結果は散々なものでした。

緊張感のある教室内と先生・塾生の合格への熱意

テスト後に布施先生から「もし入塾されるなら最下位からのスタートになります。強い覚悟が必要となります。」との厳しいお言葉もありましたが、私語もなく緊張感のある教室内には先生と塾生の皆様の合格への熱意が満ちていて、とにかく学志舎で勉強させたい!布施先生にご指導いただきたい!というわたしの思いはさらに強くなり、息子もここに通いたい!布施先生に習いたい!!と目を輝かせていたので、その後すぐに入塾をきめました。

駒場高校への挑戦

中1、中2の2年間はとにかく部活中心の毎日、漠然と塾に通う日々でした。たしか中2の10月頃だったと記憶していますが、息子が塾から意気揚々と笑顔で帰宅したことがありました。日頃なかなかお話のできない布施先生とお話をするきっかけがあり、駒場高校に憧れているという話をしたら、「廣瀬くんは駒場っぽいね」と言ってもらえた!!!だから絶対に駒場に行く!!!と。その日から駒場高校への挑戦が始まりました。しかし、コロナでの休校、分散登校、部活の引退試合もなくなり、受験生としての切り替えができないまま日々が過ぎていき、1学期の期末テスト結果もひどいもので、内申も1つ下がってしまいました。そのことでやっと息子のスイッチが入ったのか、夏休みは昼食で帰宅する以外は塾に通い詰める日々が続きました。2学期からも下校後はなるべく早く塾に行き、ラストまで頑張る毎日。

ブレることなく志望校を決めていけたのは学志舎への信頼があったから

「人と違う結果が欲しければ人が休んでいる時に努力するしかない」「努力は絶対に裏切らない」そんな先生方の言葉を胸に頑張っている息子を大きな気持ちで見守ることができました。その結果、偏差値も徐々に上がっていき、2学期末の内申は4つ上がり、V模擬でも駒場「S判定」を取ることができました。他の塾のように模擬試験の結果をもとに、三者で何度も話し合うような機会は学志舎にはありません。ですが、秋の「親のチカラUPセミナー」では志望校、併願校を絞り込むために過去の実績に基づいたデータ資料と動画配信で最新の情報や親としての心構えを共有してくださいました。成績や多すぎる情報に振り回されがちですが、親はただ「見守る」ことで子供の意志とやる気を尊重し、ブレることなく志望校を決めていけたのは学志舎への信頼があったからだと思います。

これだけ圧倒的な演習量は他の塾ではありえない

12月末、内申が上がったこともあり駒場の推薦試験に挑戦することになりました。ついていけるかどうか不安だった推薦特訓ですが、先生方、時間を割いて来てくださった卒塾生のみなさん、そして応用クラス、難関クラス混合で取り組む面接練習は息子にとって刺激的でとても楽しい時間のようでした。さらに、自分を理解し自分とは何かを人に伝えるために、とことん自分と向き合った時間は、人生においてもとても意味のある時間になったはずです。村岡先生の経験に基づいた推薦対策、これだけ圧倒的な演習量は他の塾ではありえないでしょうし、確実に本人の自信になったと思います。

学志舎での3年間で人間としても立派に成長してくれたんだととても誇らしく思いました

試験当日は推薦特訓を共に過ごした仲間と先輩、先生からの寄せ書きを見て力に変えて、面接試験にのぞんだようです。結果、ありがたいことに推薦で合格を頂くことができました。いまだに夢のようですが、学志舎での3年間共に切磋琢磨してきた仲間を信じ、布施先生、村岡先生、そして先輩方の言葉を信じ、自分がやってきたことを信じ、とにかく強い気持ちで受験にのぞめたことが合格に繋がったように感じています。合格発表の日の夜、息子が「今日までありがとうございました!」と伝えてくれました。学志舎での3年間で人間としても立派に成長してくれたんだととても誇らしく思いましたし、改めて先生方への感謝の気持ちが溢れました。息子はお世話になった先輩方のように、来年度は自分が後輩たちの役に立ちたいと意気揚々としております。最後になりましたが、学志舎では「学ぶ」とはどういうことか、そして、今だけでなくこの先の人生において絶対的に必要なスキルを教えていただきました。息子が心底尊敬できる布施先生、村岡先生に出会えたこと、そして真摯にあつくご指導いただいたこと、心から感謝いたします。

都立駒場高校(Y様) ※推薦合格

模試「D判定」が「S判定」に。内申点は34から41までUP

この度、息子は第1志望の都立駒場高校(普通科)に推薦入試で合格をいただくことができました。息子は小学校の時からサッカーに力を入れており、中学ではクラブチームでほぼ毎日のようにサッカーに打ち込んできました。そのため、自宅での勉強時間を確保することが非常に難しく、1年時の内申は31、2年時は34ほどでした。母としては、高校年代でもサッカーを通じて様々な経験を積んでほしいとの思いから、進路先としてサッカー部の強豪校を視野に入れて全国的に調べたりしていました。その際、サッカープレーヤーとしてだけでなく、人として生徒を大事にしてくれる学校を選びたいとの思いを強く持っていました。そのような中で、都立駒場高校が候補として浮上し、息子も駒場高校の名前を背負ってプレーしたいという思いを強くしていきました。学志舎の門戸を叩いたのは中2の終わりだったと思います。それ以降、中3の公式戦が終わる秋頃までは、勉強に比重を移しながらもサッカーを続け、公式戦終了後、受験勉強に集中する生活に入りました。中3の7月以降、毎月の模試を受け、最初は「D判定」でしたが、年末には「S判定」まで上げることができました。また、内申点を41まで引き上げることができました。

日に日に成長する息子の姿を目の当たりにし、親としてありがたい気持ちでいっぱいでした

学志舎に入りたての頃は、早いペースの授業についていくことに苦戦したようですが、塾から家に戻ると、いつも布施塾長や村岡先生の名言を楽しそうに話してくれていました。学志舎では仲間にも恵まれ、とても良い刺激を受けていました。日に日に成長する息子の姿を目の当たりにし、親としてありがたい気持ちでいっぱいでした。都立の推薦入試は、お子さんによって向き不向きがあると聞いていましたし、受かるのは至難の技だとも聞いていましたが、推薦入試に向けた指導を学志舎で受けられること自体が息子にとって必ず将来の糧になると考え、受かるチャンスを広げる意味でも推薦入試にチャレンジすることにしました。これまで息子が必死に頑張ってきたサッカーのことや、学校行事等での活躍など、本人にとって棚卸しができると同時に、それを第三者に伝える技術を身につけること、さらには、将来どんな道を歩みたいのか、真剣に考えるきっかけとして、大切だと思いました。推薦入試の対策として、学志舎で自己PRシートの指導や面接指導を受けることができ、息子としては、不安な中でも少しずつ自信を身につけられたのではないかと思います。合格をいただけたときは、これまで本当に頑張り、不安と戦ってきた分、息子は安堵の思いで気持ちが溢れ出していました。布施塾長、村岡先生、そして塾生の皆様のおかげで、息子はひと回りもふた回りも大きく成長できました。学志舎には感謝の言葉しかありません。短い期間でしたが、ご指導いただけたことに心より感謝申し上げます。

都立駒場高校(S様) ※推薦合格

この度、都立駒場高校に推薦で合格いたしました。我が子ながらお見事でした。塾に通うのは2年生の後半でいいかなぐらいに考えていたのですが、やはり気が緩む2年生のスタートからがいいと思い塾探しを始め、3つの塾を体験しました。

他の塾にない熱いものが伝わりました

学志舎での体験と面談は親子して緊張していましたが、他の塾にない熱いものが伝わりました。この子には学志舎が合っているなと思ったら、娘も何か感じるものがあったのか学志舎にすると言いました。面談の時に駒場高校の話を聞き2年生の夏休みに学校説明会に参加してからは駒場一筋でした。

推薦の特訓が始まる頃には塾から帰ってくる娘の表情がイキイキとしてきた

入塾してからは、問題を解くスピードを上げること、内申を上げることの大切さを叩き込んでいただき、学校内での活動も積極的に取り組み、推薦で駒場に合格するために一生懸命がんばっていました。しかし、いつも穏やかな娘ですが、3年生になってから不安や迷いがあったのか、会話のない時期がありました。が、「子供の応援団でいてあげて欲しい」という塾長の言葉や「自分が受験生だった時のことを思い出して、言われたら嫌なことは控えて下さい」という村岡先生の教えを思い出し、グッとこらえた時期もありました。しかし推薦の特訓が始まる頃には塾から帰ってくる娘の表情がイキイキとしてきたので、順調に仕上がっているのだろうなと安心して見守ることができました。推薦倍率は高かったのですが、村岡先生の熱いご指導と塾長の心のこもったお言葉を信じていたので不安はありませんでした。心から感謝いたします。学志舎で得たものは、娘の将来の目標に大きな力になってくれると思います。