☆駒場(合格者)2021年

都立駒場高校(Hくん)※推薦合格

僕は、中1になる直前に友達に勧められて学志舎の体験に行きました。初めて教室に入った時、全員がひたすらノートに文字を書いている姿に驚きました。体験で受けたテストでは結果がとても悪く、布施先生に「入塾しても最下位からのスタートです。覚悟をもって頑張って下さい。」と言われたのをよく覚えています。それでも、とても熱心な先生だということは聞いていたことと、実際に自分も先生に指導してもらいたいと強く思い入塾しました。

「努力をすれば結果はついてくる」ということを実感

中1、中2は部活中心の生活で、定期テストの準備期間も家で勉強をしていましたが、やはり良い結果は出せませんでした。中3に向けて内申を意識し始めてからは、テスト準備期間を毎日塾で過ごすようにしました。その結果、テストの結果も徐々に良くなっていき、村岡先生がおっしゃっていた「努力をすれば結果はついてくる」ということを実感することができました。また、布施先生の「人と違う結果が欲しければ、人と違うことをするしかない」という言葉も印象に残っています。塾の開いている時間はできる限り早く行き、最後まで残る生活に変えたことで、夏休み最後の模試で今まで「E判定」だった駒場が「B判定」に上がりました。2学期が始まってからは毎日17時前には塾に行き、最後まで残っていました。その結果、内申が4つ上がり、12月の模試では駒場「S判定」を取ることが出来ました。

推薦特訓の期間で自分を大きく成長させることが出来た

僕が学志舎で過ごした中でとても充実していたと思うのは推薦特訓の期間です。2週間程の期間で自分を大きく成長させることが出来たと思っています。まず、先生方には自分の苦手意識のあった作文を何枚も添削して頂きました。枚数を重ねるうちに自分の作文力は上がっていったと思います。そして、面接練習では自分のことをよく知ることができました。面接官の先生に自分を知ってもらうには、まず自分が自分を知らなければいけないので、自分ととことん向き合いました。その期間があったからこそ、推薦合格することができ、人として大きく成長することもできるので、一石二鳥ではなく一石十鳥です。

周りの人が頑張っているから自分も負けないように頑張ろう!

一般に向けての期間も、推薦に向けての期間どちらも自分を励ましてくれたのは先生方、先輩方はもちろんですが応用クラスのメンバー、推薦特訓のメンバーです。気分が下がってしまう時も周りの人が頑張っているから自分も負けないように頑張ろう!と思うことが出来ました。そのような仲間が近くにいてくれたことを本当に良かったと感じています。

それまでやってきたことは力になっているから、絶対に自分の力を出し切ってやる!!

推薦入試直前は不安な気持ちもありましたが、村岡先生の「君たちの倍率はせいぜい2倍。今までの自分を出せるか、出せないか、それ次第だ。」という言葉が励みになりました。それまでやってきたことは力になっているから、絶対に自分の力を出し切ってやる!!という気持ちで当日取り組めました。それ以外にも布施先生の「自分を支えてくれた人のためにも合格しろ!」という言葉も心に刺さりました。その言葉を聞いて、合格は自分のためだけじゃなく、布施先生、村岡先生、先輩方、学校の先生、両親、親戚、共に努力した塾のメンバーのためにもなるのだということを再認識して当日試験に向かいました。だから合格したとわかった時、自分だけではなく、自分の周りの人も喜んでくれたことが本当に嬉しかったです。最後に志望校合格を目指す人は自分を信じて努力を続けてください。そうすれば結果はついてきます。支えてくれる人達のためにも合格できるように頑張ってください!!

都立駒場高校(Yくん)※推薦合格

私がこの塾に入ったのは、中学2年生の終わり頃でした。たまたま同じクラスになった友達から誘われ、「取り敢えず行ってみるか」といったゆるい気持ちで塾に向かったのを覚えています。そんな私の入塾前の内申は「34」、テストも態度もそこそこで提出物なんて半分しか出してませんでした。ですが自習室を始めて活用した時、同じ応用クラスの生徒を見て「こんなにも熱意を持って机に向かっている人が何人もいる」という環境に大きく影響されました。それから私は苦手科目の英語と社会と国語を全力で取り組むようになりました。

努力した結果として内申を7つも上げることができた

特にテスト期間は頭が痛くなるほどやりこんで、最終的な内申は「41」になりました。成績をここまで上げられたのは、良い子ちゃんになって先生に媚を売ったからではありません。周りに劣る自分、上位に入れない自分が嫌いで、変わりたいと思い、努力した結果として内申を7つも上げることができたのです。

「一度の成功と失敗を忘れない」

学校の成績はこのように順調でしたが、模擬試験ではかなりひどい結果だったのを覚えています。7月頃、家で受験したものだと、駒場高校「D判定」。辛さや悲しさが溢れ出す一方で「絶対合格してやる」といった、悔しさや怒りが込み上げてきました。それから私は、村岡先生の「一度の成功と失敗を忘れない」という言葉を胸に刻み込み、悔しさを忘れずに、毎日机に向かいました。そして最後は「S判定」を取ることができました。

「自分の弱さと向き合うこと」

さまざまな場面で大きく成長できた私は、この塾である大切なことを学びました。それは「自分の弱さと向き合うこと」です。私は今までずっとサッカーをしてきたため、根性がある強い人間だと自負していました。ですがこの塾に入って、早い時間に自習に行けない甘い自分、ついつい休憩してしまうゆるい自分、小さなことをサボってしまう情けない自分を見つけることができました。そんな自分が嫌いだったからこそ、苦しくても頑張ることができたと考えています。

「自信とは、自分との約束を守った数のこと」

おそらく受験生の全員が会場には自信満々で行きたいはずです。「自信とは、自分との約束を守った数のこと」という言葉があります。自分自身の甘さや、弱さに打ち勝てるように貪欲に進んでいってください。

都立駒場高校(Sさん)※推薦合格

私が学志舎に入塾したのは中学2年生の5月でした。友人に紹介され、体験に行ったところ、塾長のお話で多くの生徒が笑っており楽しそうだと思い、入塾しました。ですが、実際入ってみると想像とは全く違う環境でした。誰一人喋らず黙々と勉強をする。私には合わないのではないかとも思いましたが、いざ授業を受けると2時間の授業が20分で終わってしまったんじゃないかと思うくらい集中することができました。

勉強をしないと落ち着かないほど、勉強をする習慣が身につきました

それから学志舎に通う日々が続きました。入塾前は勉強が嫌いで、テスト1週間前しか勉強をしていませんでした。しかし、学志舎で毎日勉強をするうちに勉強をしないと落ち着かないほど、勉強をする習慣が身につきました。これは、学志舎という環境で勉強できたおかげです。もちろん、勉強をしていて辛い時もありました。ですが、布施塾長の「人と違う結果が欲しいなら人と違うことをするしかない」という言葉を思い出し、自分を奮い立たせるようにしていました。学志舎には一緒に戦う仲間がすぐ隣にいます。その仲間からも刺激を受けることで、負けたくないという強い気持ちを湧き上がらせるようにしていました。

自分に自信を持つことができるようになりました

推薦対策期間には自分に自信を持てないことがありました。周りはぐんぐん成長しているのに、自分は全然成長できていないのではないかと不安になることもありました。そんな時、面接・作文のプロである村岡先生に励ましていただいたり、的確なアドバイスをしてくださったおかげで自分をよく知ることができ、自分に自信を持つことができるようになりました。

人としてどうあるべきかについても学べる

私は学志舎に通う日々の生活を通して、良い人になれた気がしています。自分自身の課題を解決できるよう努力したり、ネガティブ思考だったのがポジティブ思考になったり、「ありがとう」と感謝を伝えられるようになったり。この経験はこれからの人生に役立つことだと思います。学志舎では勉強のことだけでなく、人としてどうあるべきかについても学べるところです。最後になりましたが、たくさんの心強い言葉をかけてくださった布施塾長、村岡先生、約2年間本当にありがとうございました。そして、毎日お弁当を作り、 前向きな言葉をかけてくれた家族、塾でお互いを高め合ってきた仲間に感謝をしたいです。ありがとうございました。

(後輩の皆さんへ)
勉強が好きな人はきっといません。だから、自分の行きたい高校を見つけてそれを活力に勉強をするようにしてほしいです。そして、学志舎の先生方がした方がいいと仰ることはできるだけするようにしましょう。それをするだけで伸びます!頑張ってください!