村岡教室長

村岡教室長

成蹊大学(法学部法律学科)卒業。大学時代は体育会空手道部副主将として部活に打ち込みつつ、元内閣総理大臣中曽根康弘事務所にてインターンシップを経験。

1万人から、19名に選ばれる

就職氷河期の時代に、約1万人の受験者の中から入社19名という狭き門を突破し、広告代理店の株式会社東急エージェンシーに入社。媒体および営業部門では朝日新聞やジャパンタイムズ(英字紙)、サントリー等のメディア戦略やマーケティング活動、人事部では採用や教育に携わった。

採用活動では、早稲田大学、慶応義塾大学、明治大学、中央大学、青山学院大学、同志社大学、立命館大学など、私立校や国公立大学にて企業説明会やキャリアセミナーを開催し、面接であった人数は1万名を超える。

採用のスペシャリストとして、日本全国を飛び回る

その後、企業で培った経験を活かし、自治体、大手IT企業、シンクタンク、メーカー、大学などで研修講師や採用コンサルティング活動、人事評価制度の見直しなど「採用、人事業務全般のスペシャリスト」として日本全国を飛び回る。

中3生への「最後の授業」 村岡先生の人生論を展開

学志舎に参画

旧知の仲であった布施塾長の教育理念に折について触れ、塾生を支援したい気持ちを抑えきれず学志舎に参画。若い才能を発掘し伸ばすことを「男一生の仕事」と決意し、2017年学志舎の専任講師となる。長年の人事・研修経験を活かし「一般入試にも推薦入試にも強い学志舎」、「第一志望校に導く過程で、社会で通用する思考力と幅広い教養を身につけさせる学志舎」を目指す。

親御様向けセミナー(就活のプロの視点から大学&会社選びのアドバイス)