【都立日比谷高校】~後輩へのアドバイス

学志舎 村岡です。

冬期講習初日に、日比谷高校の先輩(2年生)が来てくれました。

名門日比谷で生徒会長を務めた彼からは、自信あふれるたくさんの金言がありました。

受験生全てが参考となる言葉の数々を共有します。

中3生はもちろん小6都立コースの塾生も参考にしましょう!

・志望校に惚れこむ。惚れこむとは、他の何かを投げうってでもやり切れるという自分の決意。君たちは、やるしかない。

・1~2週間は大きな差。たくさんのやれることをこなしていこう。

・家族や友人のサポートがあったから、最後まで頑張りきれた。自分を支えてくれる周囲の存在に感謝しよう。

・高校に進学してから、今まで以上に学習することが楽しい。学校は行く価値がある。だから志望校に向けて頑張ってほしい。

・それ相応の努力をすることで、自信というものは芽生えてくる。根拠を持てるまで残りの期間をやりきろう。

・できるだけ早く寝よう。悩む前に。朝早く起きると効率もいい。そして早く塾に行こう。塾では、まずは昨日の内容を復習してみよう。

・これだけやったんだなーというモノ(ノート、プリント、過去問など)を見える化する。気分が落ち着かないときは、今までやってきた内容を振り返って安心するようにしていた。

・悩んだら、友人や家族、先生を頼ってほしい。抱え込まず、吐き出した方が頑張れる。受験というイベントで絆が深まることもある。

各階で丁寧に話や質疑応答をしてくれたO君、いつもありがとう!

さて、今のO君は、なんと「いつやるの?今でしょ」の林先生の現代文指導を受ける機会があるらしいのですが、塾長直伝の「本文チェック」の仕方が一緒とのことでした。

受験生はたくさんの国語のチェックをしてきていると思います。自信をもって、残りの期間で自分の課題をこなしていこう!