【2021年:都立中入試】速報結果

合格おめでとうございます!

都立武蔵中 1名(合格率100%)

都立三鷹中 1名

都立武蔵中の合格率(過去5年間:2017~2021年)

71.4%(受験者7名、合格者5名)

【合格実績の定義】

学志舎は、公益社団法人全国学習塾協会が定める基準のうち、以下の二条件に沿って公正に合格実績を公開しています。

 一.受験直前の6ヵ月間の内、継続的に3ヵ月以上在籍している

 二.正規の学習指導を30時間以上受講している

上記に該当しない、講習・体験・テスト・その他講座のみを受講した塾生は一切含んでおりません。

※都立中に合格した塾生は全員12カ月以上の期間、在籍されています。

悔しい結果となった塾生へ

本日、来塾した塾生には個別に話をさせてもらったとおりです。それに加えてお伝えさせて頂きたいことは「逆境はその人に必要だから与えられている」ということです。

私の好きな言葉に孟子の「天のまさに大任をこの人に降くださんとするや、必ずまずその心志しんしを苦しめ、その筋骨を労し、その体膚たいふを餓えしめ、その身を空乏くうぼうにし、行いにはその為すところを仏乱ふつらんす。心を動かし、性を忍び、そのよくせざるところを曽益ぞうえきするゆえんなり。」があります。

意味は「天が人に重大な任務を与えようとするときには、必ずまずその人の精神を苦しめ、その筋骨を疲れさせ、その肉体を飢え苦しませ、その行動を失敗ばかりさせて、空回りするような大苦境に陥らせるものである。それは、天がその人の心を鍛え、忍耐力を増大させ、大任を負わせるに足る人物に育てようとしているからである。」となります。

私自身、逆境に陥る経験をたくさんしてきました。しかし、その度に「これは自分に必要だからこそ天から与えられているものなのだ!負けてたまるか!」と捉え、ベストを尽くすようにしてきました。その結果、挽回できたこともできなかったこともありますが、簡単に諦め、心を折ることをしなかったことは自分の中の小さな誇りであり、今の自分を支えてくれているように感じています。参考にして頂ければ幸いです。

さあ、明日からまた前へ一歩ずつ進んでいきましょう!応援しています。