お手伝い

塾長です。

土曜午前に「第2教室」、土曜午後に「本校」の掃除を娘二人と行いました。

◆エアコンフィルター

大きな洗い場がなく、外で水を出せる設備もないので、地道に一つ一つ拭いていきます。

業務用エアコンのため、フィルターの溝が深いのでなかなか苦戦します。

◆床掃除

4つ足の机が多いため、掃除機がかけにくく、地味に背中と腰に負担がきます。休みながら丁寧にかけていきます。(移動し、端に寄せればいいのですが、席数が多く、大人一人の時はあきらめます。)

本校が約90㎡、第2教室が3フロアで約150㎡

一通り終えるとすがすがしい気分になります。

防衛大の4年間、海上自衛隊の3年間。

計7年間で毎日のように掃除をしていました。

掃除をするたび、その時の様子を思い出します。

点検時、白手袋で窓のサッシを確認され、わずかでもほこりがあるとやり直し&腕立てでした。

そのため、細かい部分は爪楊枝や綿棒を使って行っていました。

そんな調子で目の前のことに雑念なしで一心に掃除をしていた20代。

あれから約20年。

初心に戻り、気張っていきたいと思います。

 

平日の掃除は村岡教室長が頑張ってくれています。

前職の東急エージェンシーでは掃除機をかける機会などなかったと思いますが、黙々と教室の環境整備と美化に努めてくれています。おそらく大学の体育会で鍛えられ、身についたものが発揮されているのではないでしょうか。やはり若いうちに、ある一定期間、自分を追い込んだり、鍛える経験をしていることは非常に大切なように感じます。

※ご褒美は黒板。

長女は計算問題を。次女は学校の先生役を楽しんでいました。(道徳の授業の再現のようです)

親の仕事場の掃除を手伝うことは、二人にとって有意義な機会になったと感じます。