卒塾生コメント

OB・OGになってもサポートしてくれる(大学進学や就職活動のアドバイスなど)

高校の文化祭や運動会、塾向けの学校説明会に先生が来てくれる

大学合格の報告メール(一部をご紹介)

「布施先生、ご無沙汰してます。東大文科一類に合格しました。生きていることを楽しんでいこうと思います。」

「お久しぶりです。学志舎でご指導して頂いた都立西の●●です。第一志望の一橋大学経済学部に合格することができました。高校受験の際に学志舎で身に付いた勉強へ取り組む姿勢がなければこの結果を得ることはできませんでした。本当にありがとうございました。」

「大変ご無沙汰しております。都立国際高校の●●です。今年も学志舎からは国際高校に3人もの生徒様が合格されたようで、こちらとしては嬉しい限りです。本当におめでとうございます。また、現在一年生でいらっしゃる◆◆さんの親御様が、私の国際高校合格の掲示を見て学志舎に入塾されたと体験記に書いてくださっており、とても光栄に感じました。私は、無事に第一志望であった慶應義塾大学法学部政治学科の合格をいただくことができました。他には上智大学の総合人間科学部社会学科、総合人間科学部教育学科、経済学部経営学科、文学部フランス文学科、法学部国際関係法学科も合格をいただきました。受験期間には辛いことが沢山ありましたが、中学校三年生だった時に同じように頑張ったことを思い出したり、学志舎のサイトを見て勇気をいただいたりしておりました。一年間学志舎で努力し続けることができたという体験は、この先の人生で大きな自信に繋がると思います。国際高校に合格しなければ、上記の大学を目指すこともなかったかもしれないと思いますし、本当に楽しい高校生活を送ることができましたので、先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。改めて本当にお世話になりました。ありがとうございました!」

「大変ご無沙汰しております。3年前に学志舍でお世話になり、都立駒場高校に進学した●●です。この春、岐阜大学応用生物科学部共同獣医学科に入学することになりましたので、ご報告させて頂きます。学志舍に通っていた当時から獣医師を目指しており、大変嬉しく思います。大学受験時には辛いこともありましたが、学志舍で毎日集中し勉強に取り組んだ経験が非常に力になりました。学志舍で学んでいた中学生の私自身に負けないよう、これからも日々励んでいこうと思います。村岡先生にも宜しくお伝えください。ありがとうございました。」

「先日はお話の機会を頂きありがとうございました。合格を頂いている早稲田大学建築学部でやりたいことに専念したいと思います。先日もお伝えしましたがやはり僕が早慶どちらからも合格をいただけたのは学志舎での経験があったからです!布施先生はご謙遜されましたが、学志舎で学びに対する姿勢と自分が挑める努力の限界を知れなかったら今の僕はありません!国高に合格して良い環境や仲間に囲まれ充実した高校生活をおくれたのも、こうして建築学部という興味のある学部で学びを深められるのも学志舎での経験があったからです。春からの大学生活とても楽しみで仕方ない限りです笑また機会がございましたら是非お話させてください。村岡先生にもどうか伝えてくださると嬉しいです!失礼します。」

「お久しぶりです。●●です。1年間の浪人生活を経て、早稲田大学文化構想学部に入学しました。第1志望であった東京大学文科三類は不合格でしたが、早稲田の文化構想は私大の中で最も行きたいと思っていた学部だったので、1年間努力した結果に満足しています。他にも上智大学や立教大学、学習院大学、東京女子大学に合格しました。5月にはzoom自習室に参加させていただいて、浪人生活の良いスタートを切る事ができました。大変お世話になりました。ご報告が遅れてしまい申し訳ございませんでした。陰ながらではありますが、これからも学志舎の皆様のことを応援しております。」

「お久しぶりです。学志舎でお世話になった●●です。第一志望の慶應義塾大学文学部人文社会学科に合格することができました。学志舎で過ごした一年間がなかったらこの一年を耐え切ることはできなかったと思います。本当にありがとうございました!また、ぜひ直接お話をさせていただきたいと思っています。もしよろしければご都合のつく日時を教えていただきたいです。返信お待ちしております。」

「ご無沙汰しております。都立駒場高校3年の●●です。この度、指定校推薦で青山学院大学の社会情報学部に合格したので、報告させていただきます。自分は文武両道がしたくて駒場に入学しました。実際、初心者として始めた体操競技では最後の大会で個人入賞、団体優勝をすることができました。週6部活をやりながら、学校の勉強を頑張り、本当の文武両道ができたと思います。学志舎で得た勉強の姿勢が今回このような結果に繋がったと思います。改めて、ありがとうございました!」