合格実績って何だろう?

塾長です。

先日、ある塾生が繰り上げで合格されました。その子は私の薦めもあり、「○塾の模試」を3回受験されました。(同じ学校を目指す受験生から刺激を受けてもらいたいと思い、お薦めしました)1回あたり45分テスト×3科目の模試です。

 

あとは全て学志舎で受験勉強に取り組んでおられました。(通塾期間は約1年です)そして繰り上げ合格の連絡が入り、私と村岡先生に笑顔で報告に来てくれました。本当に嬉しかったです。しかし、その子に「○塾から電話連絡があった?」と聞いたところ、家の留守電に入っていたとのこと。なお、親御様は折り返しの電話はされなかったそうです。

 

その1週間後、再度同じ質問をすると、引き続き電話があったそうですが、対応していませんとのこと。しかしホームページに更新された数字に違和感を感じたと。詳しく聞くと、合格者発表後に出された合格者数に、今回の繰り上げ合格の人数がそのまま加算されたものが、掲載されているとのこと。つまり、模試を3回しか受験していない子が合格者数の中に組み込まれてしまっている可能性があるということです。

 

私には真実は分かりません。ただ「合格実績」は塾選びをする際の大きな判断材料になります。だからこそ、多くの塾がアピール材料として公開しています。しかし、その数字は「塾の教務力が反映されたもの」であるべきではないでしょうか?

 

学志舎のホームページではご本人の許可を頂き、できる範囲で名前、写真の掲載をしております。

その理由は、ただ単に「公正」でありたいからです。

手前味噌ですが、学志舎の先生が塾生から信頼されている理由の一つに「常に本音で話す」ことがあると私は考えております。

 

ウソをつかず、人生の先輩として思っていることをそのまま伝える。

先生が間違っている時には素直に謝る。

自分の言葉に責任を持ち、実行する。

できない約束はしない。

理想論を語らずに、自身の経験に即し、実行可能なレベルに落とし込み伝える等

本音で語り、誠実に向き合う日々を積み重ねた結果、塾生が「あの先生の言うことはまずは聞いて、やってみよう!」と考えるようになり、本気の頑張りができるのだと思います。

 

10年前の開校以来、そのような姿勢で「信用貯金」をしてきました。その結果、「折込チラシなし、勧誘ゼロで生徒数が200名を超える個人塾」の今があるのだと思います。(もちろん生徒獲得のノルマやクロージングを迫る面談も一切ありません)

 

教務に集中することを最優先にしていますから、先生はやりたいことができるので、ノンストレスな状態。塾生は先生の精神状態が安定し、疲れた様子を見ることがないので、余計なことを考えず、勉強に集中できる。そんなgood cycleが回っています。本当に有難いことです。

学志舎は引き続き、誠実に仕事と向き合い、お子さんの健やかな成長をサポートしていきます。今後とも宜しくお願い致します。

以下に参考になる記事をご紹介しますので、一読して頂ければ幸いです。記事の多くが「○○(塾名)合格実績 水増し」で検索したところ、辿り着いたものになります。

・合格率

http://arcs-edu.com/column/jukuerabi-02

 

・合格実績の定義

https://toritsu-chugaku.com/define/

 

・都立中受験塾選び

http://stock-money-asset.hatenablog.com/entry/2019/02/20/000000

 

・調整済み残差による塾の特徴把握

https://akizake.com/blog/archives/437

 

・個人塾

https://e-ivy.jp/tag/合格実績主義/

 

https://keishinkan.jp/post-7993

 

http://takenokai.net/blog/大手だから安心神話を信仰する親%EF%BC%8F都立小石川中.html