親御様の声(931~940)

【931】先生方の迅速な対応のおかげでこどもも落ち着いて学習する時間をとることができております

いつも大変お世話になっております。中3の■■です。お忙しい中、お時間をとらせて申し訳ないと思い控えておりましたが、やはりお礼を申し上げたくメールさせて頂きました。先に送っておられる親御さまと重なりますこと、遅くなりましたこともお詫び申し上げます。2月より入塾させて頂いたばかりでこれからという時にこのような事態になり、とても不安に思っておりましたが、先生方の迅速な対応のおかげでこどもも落ち着いて学習する時間をとることができております。本当にありがとうございます。zoomで先生方に見守られながらの時間は安心感と緊張感でとても集中したものになっており、また他の塾生の皆さんが同じ時間に一緒に参加しているという事がいい刺激となっているようです。昼間のzoomに加えて夜の時間や休日までやって頂けるとは、有り難い反面、ご家族との時間を削ってと思うと申し訳ない気持ちでいっぱいです。(アンケートでいつもの通塾時間になかなか机にむかう事ができない。と書いてしまったので。)ただ、夜のzoomが始まり今まで机にむかえなかった夜の時間帯が嘘のように毎日参加させて頂いております。映像授業及びzoom、先生方の労力と多くの時間を費やして頂き本当に感謝しかありません、ありがとうございます。親としましてもできることをサポートしていきたいと思っております。先生方もご無理のない範囲で、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

【932】目標やお手本になるお友達の存在も大きいですね

いつもお世話になっております。遅ればせながらzoom自習室をご提供いただいてありがとうございます。ご多分に漏れずメリハリあるzoom自習室は●●のみならず、◆◆家にとっても、ものすごい効果を発揮しております。我が家は父親は、ほぼテレワークをしていますが、母は日中仕事に出てしまっているので、5才年下の弟の面倒も●●にお願いしている部分があります。うまくいっている時はいいのですが、今朝も弟が姉に余計なことを言ってしまい「今日のお昼ごはん勝手に自分でやりな!」と不機嫌に。母が口を挟むと炎上するので控えていたところにちょうどzoom自習室の時間がやってきました。気持ちが切り替わり家に居ながらにして塾に行ってしまったように、別の空気が流れ、弟と程よい冷却時間をとれたようで、昼には仲直りしてごはんも食べさせてもらったようです。今日の布施塾長のブログにもあるように、母が穏やかでいられるということにもZOOM自習室が一役買ってくれています。本当に貴重なお時間をありがとうございます。ところで、●●は先日返却された塾のテストで国語の点数の低さに、かなり落ち込んでいたものの、まだまだのんきで、封印すると言っていたお絵かき(スマホ画像検索後の模写)をあっさり再開していて母は閉口していたのですが、先日のzoom自習室で布施塾長が、全国2位の成績の子がいたことをお話し下さったそうで、打ちのめされていました。多分●●にとって身近な存在の、あの彼ではないかと推測し、自分ももっと本気でやらないと!と、再び母にお絵かき封印を宣言をしました。(なんで急にまたそんなこと、と聞いたら上のことを渋々教えてくれました。)なかなか他者と自分の差を肌で感じることが出来ないステイホーム期間に、よい刺激を与えて頂きました。目標やお手本になるお友達の存在も大きいですね。お忙しいところ、とりとめなくメール致しまして申し訳ありません。今後ともよろしくお願いします。

【933】こんな大人になってほしい…と思う素敵な方が身近にいらっしゃるというのは、この時期の子にとっては本当に財産です

中2の■■の母です。今般の緊急事態での先生方の危機管理体制に感銘を受けるばかりです。お二方の、この先を読むお力は、常識にとらわれず、いつもベストを考え続けられている賜物なのでしょうか?こんな大人になってほしい…と思う素敵な方が身近にいらっしゃるというのは、この時期の子にとっては本当に財産ですブログの記事で、なんと布施先生であっても我が子に勉強を教えるのは苦労されている、というエピソードを読み、心底安心し、肩の力が抜けました。実は、唯一私が教えられるかも!と意気込んだ「音楽」でさっそくしくじり、激しく落ち込んでいたタイミングでした。ど素人の私がうまく行かないのは当たり前、しみじみそのとおりです。そして母がご機嫌であることの重要さ、本当にそうです!私が朝から忙しくバタバタ「早く起きなさい!午前中はどう過ごすの?」としかめ面をして子どもたちを起こせば、子どもたちも不機嫌になり一日中何もかもうまく行かず。逆に「今日の朝ごはんは美味しいよ〜♪」と優しく起こせば、何も言わなくても子どもたちは頑張っています。休校期間中、親力が試されているのかなと勝手に緊張していましたが、今こそ学志舎の親のチカラセミナーで教えて頂いたことを実践、ですね。いつも、子どもたちにだけでなく、母にまで大切なことを教えて下さって本当にありがとうございます。「もし、学志舎に出会っていなかったら…」長女がお世話になった時もそうでしたが、何度この恐ろしさを想像して震えたか分かりません(大げさではありません)。お礼をどうしてもお伝えしたくてメールをお送りしてしまいます。

 

【934】先生方の背中をみながら学ぶ絶好の機会になっているね

お世話になっております。世の中の状況が変化していく中、学校が始まらないままに娘も受験生となり早2ヶ月が経とうとしています。当たり前ですが親子共々不安や焦りも出てくる中、先生方がいち早く映像授業・zoom自習室・YouTube動画など、こちらの不安が困りに育つ前にどんどん手を打って動いてくださり、お陰様で家族皆落ち着いて過ごせています。まさに今、変化の多い時代の動きかたや在りかたを、先生方の背中をみながら学ぶ絶好の機会になっているねといつも親子で話しております。本当に感謝してもしきれません。ありがとうございます。

 

【935】あの当時に出逢いたかった

小5●●の母です。いつも驚きと感動とワクワク(ブログ「学校休校以降、学志舎が仕掛けたこと」を読んで)をありがとうございます!「親子ケンカの後に観る動画」も拝見致しました。大学生となった息子(次男)の中学生の頃を思い出すと親子で悲惨な状態でした。それを思い出し、この動画を見て泣けてきました。あの当時に出逢いたかったと。保護者様のメールで「大げさではなく」という言葉はとてもとても理解できます。そして今回のような発信(親のチカラセミナー)が、【今、この状況だから】ではない事が分かり、ほんとに驚いています。息子が中学生の頃、ママ友とお互いの頑張りを報告しつつ、我が子の思春期を乗り越えてきましたが、最近出る言葉は、『母親の私達も子供に鍛えられて強くなったよね!私達が親になって改めて親の大変さがわかったように、子供達もそのうちわかってくれるはず。頑張ってきて良かった。なんならめちゃくちゃやんちゃな孫に会いたいわ!!』など、ちょっと意地悪な事を言いながら、思春期あるあるをネタに笑っています。大学生になって程よい距離は保ちつつも、心配事はゼロではないです。ですが、ママ友とも苦労した子育て話は老後の楽しみやね!と(笑)村岡先生が紹介してくれた「世界を、こんなふうに見てごらん」の本。「じかに、ずっと、見続ける」の最後に《結局、ほんとうにその実験をやった人、観察をした人の頭の中にしか残らない。いきものとの関わりの中には、そんなふうに、向きあった当人しか見ることのない、あざやかな光景がある。》という文を読んだあと…息子たちは虫ではないけれど(!)、ちょっとズレてるかもしれませんが置き換えて、、『結局、大変だけど、きちんと子供と接してきた親には、向きあった人にしか見ることのできない、その頃の出来事が脳に良い形で残るのかもしれないな!』と思いました!!ポジティブに!■■もちょっぴり反抗的な態度も増えました。ただ、私と次男の凄まじいバトルを見てるだけに、「あんな酷いことはしない!!」と言ってますが、■■のホルモンがさてどう動くか!!先生方のような理解者(母親の頑張りを認めてくれる事、親以外の存在で我が子の成長を見守ってもらえる事)がいてくれると思うと、ほんとに心強いです。ありがとうございます。