【151】学志舎とご縁を頂けて本当によかった

昨日のセミナーは待ちに待ったものでした。塾から帰ってくる娘が、先生が話してくださった学習の事、先生の体験談、雑学等々、興味深くためになる話を毎回してくれるので親である私も直接聴いてみたいと思っていましたので、本当に有り難く拝聴させて頂きました。セミナーの内容の一つであった前向きな言葉掛けは、私も親としては未熟ながら、常日頃から前向き発言なので共感できましたし、同じ言葉掛けをするなら、ますますやる気がupするように努めよう!その方が声掛けする自分自身心地好いし!と改めて思いました。またセミナーの内容には出来る事が数多くありましたので、子供にばかり変化を求めるのではなく、まずは親である自分が即実践し変わっていきたいと思います。最後になりましたが、私が子供達に日頃から言っているのは、学習の事よりも多くは食事、入浴、睡眠に関する事だと思います。口から入れる物によって身体は、元より脳や心までもが造られるのでバランスのいい食事を心がけよう。入浴は湯舟に浸かる事によって、運動をしていれば疲れた筋肉をほぐしてくれ、結果、質のいい睡眠に繋がるよ。睡眠は出来れば早く寝て朝型にもっていこう!とにかく先生もおっしゃっていたように、毎日が体力勝負です。今からしっかりと気力、体力を身につけて目標に向かって前進していってくれる事を願っています。子供達の今はまだ潜んでいるであろう個々の能力を最大限に引き出したい!という熱い思いが、ひしひしと伝わってくるセミナーで学志舎とご縁を頂けて本当によかったと改めて思っています。今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

【152】塾仲間にいい刺激をもらって、

昨日のセミナーでは大変参考になるお話をしていただきありがとうございました。息子が中学生になった頃から自分で責任をもって考えて行動してほしいという思いで、極力息子には勉強について口うるさく言わず見守ろうと心掛けてきました。しかし、先生のお話からまだまだ見守ることに徹しきれてないと気づかされました。子供にはやはり気持ちよく、勉強に取り組んでもらいたい、その為には家族も環境を整える努力をしないといけないと痛感しました。また、子供との関わり方について不安を持っていたのですが、お話を聞いていくうちにその不安は払拭されました。今の時期にこのセミナーを開催していただけたことは、私たちにとって良い変化をさせてくれるきっかけとなりました。息子には当然ながら未熟な部分が沢山あり心配になる事もありますが、息子を信じ、見守り、応援団に徹したいと思います。息子には自分自身を信じ、布施先生を信じ、そして塾仲間にいい刺激をもらって、自分の目標に向かっていってほしいと思っております。大いに学志舎を活用させていただきます。今後とも熱いご指導をよろしくお願いいたします。

 

 

【153】先生から娘のやる気スイッチを押して頂ける

いつもお世話になっております。先日は親向けのセミナーを開催して頂き、ありがとうございました。今回のセミナーは勉強面だけでなく、生活面でも参考になることが多かったです。娘だけでなく、小学生の息子に対しても、やる気UPさせる言葉で伝えることを心掛けていきたいです。セミナーから帰宅後、娘から内容について聞かれ、勉強スピードを知る為キッチンタイマーを使って勉強に取り組むことなど説明しました。以前教えて貰ったけど実践出来ていなかったから、今後は使っていきたいと話していました。学志舎に通っていると、定期的に先生から娘のやる気スイッチを押して頂けるので、いつも助かっています。我が家は来年小学5年生になる息子がいるので、学志舎にお世話になりたいと思っています。今後とも親子共々よろしくお願い致します。

 

 

【154】「見守る姿勢」の大切さを痛感した

昨日は貴重なお話ありがとうございました。娘は「人は人、自分は自分」というタイプで負けず嫌いな所があまりなく、そのせいか学校の先生からもテスト後は毎度のように「君ならもっと点取れたのにね」と言われています。親の目からみても、もう少し頑張ればもっと上にいけるのという歯痒い思いからつい口煩く勉強しなさい、と言っていました。昨日の布施先生のお話を伺って「見守る姿勢」の大切さを痛感した次第です。しばらくは言いたい気持ちをぐっとこらえて静かに見守っていきたいと思っております。夢や目標に関してはしっかりと持っている娘なので、今後ともご指導よろしくお願い致します。

 

 

【155】素晴らしい環境で学べることに感謝

昨日は、セミナーを開催いただきましてありがとうございました。前向きな言葉・TVとの付き合い方・塾の活用、日々の心がけ等、ご教示いただいたこと早速心がけていきたいと思います。継続は力、素晴らしい環境で学べることに感謝し、応援してまいります。ありがとうございました。

 

 

【156】先生がおっしゃっていた通りの自習風景

昨日はお忙しい中、中1・2生の保護者の為にセミナーを開催してくださいまして、ありがとうございました。また、自習中の入室失礼致しました。先生がおっしゃっていた通りの自習風景でした。娘は中学に入って、テニス部で頑張っています。毎日朝練、夕方は6時半すぎに帰宅します。土曜日も部活があり、今朝も6時にお弁当を持って試合に行きました。また、小学校からのボランティア活動もやめたくないと続けています。家では学校の準備や塾の宿題はしているようですが、テスト勉強らしいことはほとんどしているようにみえません。そんな娘が期末テストの目標は国語英語95点、他は100点だと言います。親からみるとかなり厳しいように思い、あと少しで3人目の先生になるところでした。いつも追い込まれる前に助けてしまうところが、親の方にあったと思います。困難や失敗で学ぶ事の方が娘の成長につながると信じて黙って見守ることにします。これまでを振り返ると親が勧めた習い事は続きませんでしたが、学志舎と部活は厳しいのに自分でやると決めたせいか頑張っています。小学生の頃とは比較にならないほどやる気が出てきたのは布施先生のおかげだと感謝しております。これからは先生にお任せいたします。セミナーが良いきっかけになりました。キッチンタイマーは夜のお片づけに活用した時期がありました。夜寝る前に家族全員で5分だけ集中して片付けるのです。小さい子どもはゲーム感覚ではりきってやってくれたのを覚えています。おかげで我が家の娘2人はキッチンタイマー保有者で、ゲームの時間もマイタイマーで管理しています。余談が長くなりましたが、梅雨に入り暑さも増してくる季節、御体調にはくれぐれもお気をつけて益々のご活躍を祈念申し上げます。

 

 

【157】本人の心に素直に入っていくようで、

お忙しい中、親のチカラUPセミナー開催していただき、ありがとうございました。参加して、まずは安心したというのが感想です。私自身が子供に勉強を教えたり、勉強面のサポートが出来ないので、勉強は塾にお任せでした。先生は学校と塾で2人いる。親は先生にならなくて良い。というお話しに、親の私はこれからも、子供が元気に前向きに取り組んでいけるように、応援していけばいいと改めて確認できました。そして、具体的なアドバイスも聞けて良かったです。入塾してからの息子は、勉強に対しての意識が変わってきました。以前から苦手意識の高かった数学に向き合い、最近では「数学がいやな教科ではなくなってきた。これから成績も上げていける。」と話してくれました。そんな言葉を聞けて嬉しかったです。勉強以外の貴重なお話も、本人の心に素直に入っていくようで、塾から帰宅した息子の話から先生を信頼している事が伝わってきます。先生への信頼、集中できる学習環境がある学志舍に出会えて、良かったと思っています。この恵まれた環境の中で、本人が目標に向かって頑張れるように、セミナーで教えいただいた事を活かしながら、応援していきたいと思います!これからも、よろしくお願い致します。

 

 

【158】布施先生のもとで頑張っていくのが一番

先日はセミナーを開催していただきありがとうございました。まもなく中2になって最初の定期テストが始まります。中3生の親御様のセミナー感想を拝見させていただき、今回は初めて「定期テスト○週間前だけど勉強しないの?(しなさい)」という言葉を封印しました。今までは、こちらが声かけすると3週間前から準備を始めておりましたが、今回は全く取り組む気配がありませんでした。まだかまだかと我慢をしながら見守っていると、2週間前になってやっと動き出しました。今、実感していることがあります。自主的に始めたこの2週間の取り組み方が前回までと全く違うのです。本当に頑張っていると思います。これで結果が思うように出なかったら一緒に悔しがる。そう決めています。とは言っても息子が学校に行っている間、どのくらい勉強しているか気になってノートを見てしまったり、ついつい三人目の先生になってしまいそうになります。息子を信じて言いたい気持ちをグッと抑え、これからは生活面のサポートに回り応援団に徹したいと思います。セミナーから帰宅後、息子に感想を聞かれ「学志舎の布施先生のもとで頑張っていくのが一番だと思った」と話したところ大きくうなずいていました。何かに夢中になったときには大いに力を発揮する子です。これからも自分の目標に向かっていってほしいと思います。今後ともご指導よろしくお願い致します。

 

 

【159】学志舍のセミナーに行ってくれてありがとう

この度はお忙しい時間の中で、セミナーを開いていただきまして、ありがとうございました。(中学3年生向けのセミナーを共有していただけないかなぁと思っていましたので!)まず余談ではありますが、少し我ながら驚いたので前文に失礼します。あのセミナーが終わり、帰りましたら、先に部活からお腹を空かせて帰ってきました息子から一言、『お母さん、今日は学志舍 のセミナーに行ってくれてありがとうね』と言われました。突然の言葉にわたしは戸惑い…「とてもいいお話だったよ」と返しました。いつの間にか小学5年の夏からお世話になっている布施先生に、いろいろな意味で育てられていると感じた一面でした。今回のセミナーに参加させていただき、まず、すぐに実行できることはやろう。と心に決めて家に帰りました。その中で他の兄弟への対応も含め、「6秒ルール」「共感してあげる」「圧力的な勉強という言葉は我が家では禁句」これらを欲張らずに決めてみました。キッチンタイマーの利用は実施しているようでした。あとの先生の教えは、私達、親も出来る事を増やせるよう努力しようと思っています。本番までは少し時間がありますが、中学3年本番まで目標をもって、いろいろな意味で成長と準備をしていってほしいです。私達は応援するのみです。どうか、モチベーションに浮き沈みのある息子ですが、布施先生、お力を貸してくださいませ。よろしくお願いします。

 

 

【160】家では前向きな言葉がけを心得よう

いつもお世話になっております。先日のセミナー、ありがとうございました。何となく、今までも、勉強というのは親がやりなさいと言っても無駄で、本人からやる気にならないとダメだということはわかっていたつもりなのですが、そうわかっていてもたまに『勉強しなさい。』という言葉を口にしてしまっていました。でも、その言葉がとてもやる気をダウンさせる言葉だということがよくわかりました。とにかく家では前向きな言葉がけを心得ようと思います。ありがとうございました。