都立立川高校(2014年)

沖濱さん(三鷹4中)

2014立川

大手塾から転塾。内申7UPして9科44に!

受験倍率4倍の中、推薦入試合格!

 

私が学志舎に入塾したのは中学3年生の6月でした。その時までは大手塾に通っていましたが、にぎやかで楽しい雰囲気の授業に流されてしまっていて、習ったことが身についておらず、当然成果も出ていませんでした。また私は数学が苦手だったため克服しようと自習室にも通い始めましたが、質問したくても先生がいないという時もありました。このようなことから私は塾を代えることを考えるようになりました。

 

そんな中、弟が通っているということもあり、私は学志舎の体験授業を受けさせて頂くことになりました。そして、私はその授業で衝撃を受けたのです。学志舎は教室の雰囲気から明らかに違い、通っている人達も意識が高く、熱意のある人ばかりでした。授業も大切なポイントだけを習い、その後多くの問題を解くことで授業時間中に身につけるというものであったため、確実に力をつけていくことができると思い、私は入塾を決めました。

 

私は学志舎で塾長から多くのことを学びました。その中でも何より大きかったのは「全力でやりきる」ことの大切さです。私は塾長の「全力でやりきっていこう!」という言葉に背中を押され、毎日自習に来て勉強に力を注いでいました。そのおかげで学校の定期テストでも少しずつ点が上がるようになり、内申は7upして44までになりました。今回私が推薦で合格できたのは、この内申upが大きな理由の一つだと思っています。しかし、もちろん内申があるだけでは合格はできなかったはずです。もう一つの大きな理由は塾長の丁寧な対策にありました。

 

まず小論文は私が書いたものの直すべきところと良かったところに一つ一つコメントを書いて下さいました。そのことにより、自分の流れや書き方が確立できました。次に集団討論ですが、塾内の推薦を受ける人全員で練習する場を設けて下さいました。大きな声を出す、相手の顔を見ながらメモをするなど基本的なことから、どう自分をアピールしていくかということのコツまで教えて頂きました。また静かな塾内で練習をすることによって、本番の緊張感に近い状態で取り組めたことも良かったと思っています。最後に個人面接ですが、同じように丁寧に見て下さいました。お忙しい中で3回も時間を取って頂き、例えばあまり聞かれないような質問が来たらどうするか?ということまで様々な場合に備えて対策して下さいました。このような対策のおかげで私は憧れの立川高校合格することができたのです。

 

ですが、もちろん初めから推薦で受かるための勉強だけをしていたわけではありません。私は内申が44になったのが2学期の最後だったため、推薦を受けることを決めたのは12月の後半でした。また推薦は倍率が高い学校が多く、立川高校も例年どおり女子は4倍でした。そのため一般入試に向けての勉強に力を入れていたのですが、初めに過去問を解いた時は絶望感しかありませんでした。

 

苦手な数学で点数が取れないだけでなく、学校のテストではわりとできていた英語も長文を時間内に読み終えることができず、点数が全く取れませんでした。私は落ち込みましたが、塾長は「今の時点で取れないのは当たり前。これからもっと伸びるから大丈夫。」と励まして下さいました。それからは、数学、英語を中心に丁寧に見直しとやり直しをしていきました。直しの中で塾長に勧められ、やっていたことは、数学のまとめノートをつくることです。授業中に塾長が黒板に書く式や解法のポイントはいつもとてもシンプルなものでした。私はどうすればその解法が頭に浮かび、解くことができるのかと考えていたのですが、決定的に違うところがありました。私は普段、問題を見てとりあえず適当に始めていたのですが、塾長はまず条件と求めたいものを明確にし、その求めたいものの答えを出すには何が必要かということを考えられていました。つまり逆算する考え方でした。その考え方で解くようになってからは、様々な解法が浮かぶようになり、また面白さを感じ、苦手意識も薄れました。そしてそのようなポイントを一冊のノートに書いておくことによって、何度も見直しができ、身についていきました。

 

もう一つの苦手である英語は、スラッシュを入れながら読み進めることを教わり、少しずつ理解するスピードも速くなりました。自校作成校の英語は一つ一つの文が長く、複雑であるため、スラッシュを入れるとわかりやすくなり、助けられました。

 

こうして2つの苦手を克服していくうちに模試でも合格可能性が上がっていき、最後の自校作成向けの模試では合格可能性80%、合格基準点より+89点を取ることができました。

 

また私は「リクルートの座談会」に連れて行って頂いたことも本当に良かったと思っています。私には将来の夢がなく、仕事に対しても良いイメージを持っていませんでした。しかしリクルートのオフィスの雰囲気はイメージとは正反対に、明るく、和気あいあいとしていました。社内にコンビニやレストラン、マッサージのお店などがあり、会社とは思えないほどリラックスして仕事ができる環境が整っていました。そしてリクルートで生き生きと働いている方々のお話や一緒に行った塾の仲間の夢を聞いて、前向きに将来を考えるようになりました。貴重な機会を下さった塾長、リクルートの皆さんに感謝しています。

 

まだまだお伝えしたい学志舎の魅力はたくさんあるのですが、それは是非授業で感じてもらえればと思います。憧れの学校に合格したい、本気で勉強して甘い自分を変えたい、と思っている人がいたら、私は学志舎をお勧めします。うまくまとまっていないかもしれませんが、この体験記が少しでもお役に立てれば幸いです。

 

 

都立立川高校(2015年)

小野くん(三鷹7中)

2015立川

 

 

9月入塾で内申31→36に!

 憧れの立川高校に大逆転合格!

 

僕は中3になっても、なんとなく受験があるというというぐらいの意識しかありませんでした。面倒くさい感じがして塾には行くつもりがなく、定期テストの前になってもいつものペースでだらだらと勉強しているだけで、パッとした点数をとることはできませんでした。夏休みになっても、その姿勢は変わらず、旅行を楽しみ、キャンプに行って何日も勉強をせず、真剣さからはかけはなれた状態でいました。夏休みに塾の夏期講習に通っていた人々のことを思うと本当に恥ずかしい程でした。実は夏休みの直前に母が一度学志舎に連れていってくれたのですが、塾長の話を聞いて、熱くて真剣な先生だなという印象を受けながらも、その時には決心ができませんでした。

夏休みが終わった後に体験授業に参加させてもらい、何か始めないといけないとようやく思い始めた頃だったので、入塾を決心しました。しかし、入塾してしばらくの間、僕は周りの塾生のスピードに全くついていけませんでした。授業にもついていけず、この塾ではやっていけないのではと思いました。入塾して最も驚いたことは、みんなの勉強に対するヤル気です。宿題の過去問をやってくる量が僕よりもはるかに多く、その上、授業が始まる何時間も前から自習に来ている人もたくさんいました。一番驚いたのは週3回ある授業以外の日にも自習するためだけに遠くから塾に来る人がいるということでした。僕はせめて授業のない日くらいは休みたいという気持ちがあり、授業以外の日に学志舎に来ることはほとんどありませんでしたが、きっと他の日にも学志舎に来ていれば、学力はさらに上昇し、受験も余裕で受けられていたはずだと今では思っています。

それでも通っているうちに少しずつ授業についていけるようになり、そんな中、入学したいと思える高校に出会いました。それが自校作成校だったので、それまで「自分には全く理解できない問題をやっている宇宙人達のグループ」という印象を持っていた「難関クラス」に入ることになりました。そこで初めて「平均点がたったの40点」「公立中でトップの子でも半分できない場合もある」など、様々な噂を耳にしてきた自校作成校の過去問をやったのですが、噂どおり非常に難しく、テスト結果を見た時、僕が少しずつ持ち始めていた自信が一片のかけらも残らず、打ち砕かれました。

自校作成校問題は特に国語の作文・数学の証明問題が難しく、国語の作文を書くことを最初から諦めて問題を解いていた時期もありました。そんな小手先のやり方でも平均点を越えることがあったので、この方法で受験しようと思っていたら、個別添削の際、塾長から「作文が書けなかったら合格は無理。」ときっぱり言われ、ショックを受けたことを覚えています。僕の甘さはあっさり見抜かれました。

いよいよ冬休みになりました。塾での自習時間は自分で自由に決められるのですが、僕は1日のほとんどの時間を学志舎で費やすことに決めました。なぜなら、その頃にはもはや勉強が苦にならず、逆に楽しいと思える程、意識が学志舎色に染まっていて、自習時間に勉強をしないことなど考えられなかったからです。入塾した頃の自分と比べると大違いでした。この冬休みは今までの人生の中で最も勉強に対して真剣になり、学習面だけでなく、心の面でも成長できた時だったと思います。夜にはとても眠くなるのですが、そういう時でも、とにかく手を動かし、惰性でもいいからと勉強を続けました。しかし、なかなか思うように点数は上がりませんでした。そこで僕は塾長のアドバイスの一つを思い出し、今までは答え合わせが終わったら、読むこともなかった模範解答を見ることにしました。答え合わせをして、結果が合っていたとしても、途中の過程の部分で適当なところがあったりするので、模範解答を「第2の先生」とし、何回も写したりしました。そうすると模範解答の中でさえ、さらには問題の中にも 間違いを何個か見つけることがあって、とてもワクワクしました。間違いを見つけたなんていう話はどうでもいいと思われるかもしれませんが、これは間違いを何個も見つけられる程、解答を丁寧に見ることができたということなのです。その結果、点数が着実に上がり、先生に何度も「受かる!逆転合格できる。」と言われ、握手され、大きな自信を持つことができました。そして冬休みが終わりに近づくと、12時間以上ある勉強時間も全然足りないと思うようになりました。

僕は9月入塾で内申が31→36と上がったのですが、それでも低かったため、偏差値の高い私立高校の併願優遇はとれませんでした。フリー受験だと合格率はかなり低いと言われていました。ですから、私立対策は学校の休み時間に過去問を少しやるだけで、都立一本に焦点を定めることにしていました。しかし、受験後、私立高校から届いた封筒にはまさかの合格通知が入っていました。その時、奇跡はあるのだと思いました。きっと学志舎での勉強によって実力がつき、併願優遇無しという壁も乗り超える力を持てたのだと思います。そして、いよいよ都立入試本番となりましたが、ここで話すことはほとんどありません。ただ、自分の今までの力を、努力を、思いを全てぶつけるだけでした。

これが僕の合格までの流れをまとめたものですが、文章を読んでも、学志舎のすべての魅力はわからないと思います。合格を勝ち取ったのは決して僕だけの力ではありません。学志舎という超強力な後ろ盾のおかげです。ここに入っていなかったら、今頃もっとがんばればよかったと、やりきらなかった過去に思いを馳せていたことでしょう。学志舎で得たことは合格だけではありません。これからの人生に繋がる、書き記せないほど多くのことを学びました。学志舎は僕にとって最も重要な思い出の一つになると思います。先生、本当にありがとうございました。もう行けないのは残念ですが、先生に教えてもらったことを忘れず、今度は大学という新たな目標に向かっていこうと思っています。