難関クラス ~今そこにある危機~

塾長です。

先月のVもぎ(都立自校作成対策もぎ)の速報を個別にお伝えしました。

今回の結果から見えてきた「今そこにある危機」について説明させていただきます。

 

第一志望校の合格可能性(%)

5科偏差値65以上の塾生の結果です。仮内申が発表される前の数字になります。

ただし先日、共有してもらった仮内申結果では、ほとんどの塾生がupまたは高位安定でしたので、さらに可能性が上がるとお考え下さい。ただ都立西高校は偏差値65ではかなり厳しいことがよくわかります。

西 90
青山 90
西 90
日比谷 80
国立 90
国立 80
戸山 80
国立 80
西 80
西 80
国立 80
西 60
新宿 80
西 80
立川 80
立川 80
西 40
戸山 80
立川 80
西 60
立川 80
国立 40
国立 60
西 20
西 20
西 20

今そこにある危機

次に各科目の結果に注目したところ、「英語と数学の実力不足」が浮き彫りとなりました。

【数学の得点】
100
92
90
90
90
90
85
85
82
82
82
82
82
77
77
77
76
75
75
72
72
72
71
71
70
69
69
69
67
67
67
66
65
65
60
57
49
47
37

今回は「77点あたりで偏差値65」「65点あたりで偏差値60」ですので、比較的簡単なテストだったと考えられます。しかし、「23人が偏差値65未満」「6人が偏差値60未満」となっております。返却後は「直し」を第一優先で実施し、もったいないミスを減らす取り組みをしていきましょう。

 

次に【英語の得点】です。
87
76
74
68
68
68
66
64
64
62
62
60
56
55
54
52
51
50
50
48
48
48
48
48
46
44
44
44
44
44
40
40
40
38
36
36
36
34
28

今回は「60点あたりで偏差値65」「48点あたりで偏差値60」ですので、本番に近い難易度の高いテストだったと考えられます。結果、「27人が偏差値65未満」「15人が偏差値60未満」となっております。英語は一番注力し、時間をかけている科目になります。その英語での成果が出せていないことが私が考える「今、そこにある危機」です。スキマ時間に配布している英語プリントをやりこんでいますか?特に自校作成校は海外帰国生が一定の割合で勝負を挑んでくる入試になります。普通の準備では太刀打ちできません。そのあたりのことももう一度思い出し、力をつけていきましょう。逆に考えると英語と数学の実力がついてくれば、合格は見えてくるということです。今が一番の頑張りどころであり、伸びる時期です。自分にこれからに期待しながら、一日一日やりきっていきましょう!