4⃣ 通わせやすい授業料

他大手塾の都立中受験の年間授業料が年々高騰し、ついに私立中受験とほぼ同等になってきています。合宿や特別講習、直前対策などで年間100万以上かかったという話を中学クラスの新規面談でお聞きするケースが実際に増えています。

一方、学志舎は少数精鋭の講師陣で勝負する個人塾であるため「人件費が抑えられること」と「口コミによる入塾がほとんどになるため広告費がほぼゼロ」となっております。その結果として「他大手塾の半額以下となる、通わせやすい授業料」を実現しております。その浮いた分を家族旅行や中学以降に増大していく教育費に活用して頂きたい、そう切に願っております。我々が危惧するのは小学生の時に塾費用をかけすぎてしまい、大学授業料を奨学金(要返済)で学生ローンとし社会人1年目から借金を背負ってしまうことです。何かを購入する際には相見積もりを取るように、塾選びの際も複数比較し検討されることをお勧めいたします。