「オール5」が9人に!

中3生において、

5科オール5(25)の仮内申が発表された子が「9人」となりました。

ご存じのとおり、内申「4」を「5」にすることは決して簡単なことではありません。

本当におめでとうございました。

一番伸びている子は入塾時「5科20」から「5科25」でした。

つまり「オール4」から「オール5」にupしたことになります。

119ノート(中3生との交換ノート)の中に、

学校の先生から

「普通の取り組みではなく、最高の準備をしなさい」と言われましたとありました。

これは私が普段伝えている、

「今までと違う結果が欲しいのならば、今までとは違う取組みをしなくてはならない」と同じようなことだと思います。

(書いている子もそう分析していました)

「頑張っているね」と周りから声を掛けられるレベルではまだまだ足りません。

あまりの頑張りぶりに「この子はどうしちゃったの?何があったの?まるで別人みたい。」と思われ、声をかけるのも阻まれる雰囲気、状態までいかなければ、このように結果は変わることはありません。

内外から「なぜそんなに成績が上がるのですか?」とよく聞かれますが、答えは簡単です。

皆さんが想像されている以上に、質と量のレベルにおいて相当に高い勉強をやりきっているからです。

塾生達はまず期末テストのための準備をやりきったことを自信にしていきましょう。

そして、これからです。次です。

 

※昨日は教室清掃のため、机・椅子の移動を手伝ってくれた塾生達、ありがとう。

おかげで助かりました。

この記事を書いた人

(膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎2010年創業)海自とリクルートで培った「やりきる力」と「人の心を動かす力」を武器にエネルギー溢れるアツイ授業を展開。関西弁で入試問題にツッコミを入れながらテンポ良く進める授業で塾生達の頭をフル回転状態に。成績upや逆転合格を生み出す教育法は親御様から「学志舎マジック」と呼ばれる。たった1人で塾運営していた最後の年(2017年)には小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。日比谷・西・国立に計14名が全員合格となり業界で話題となる。過去5年間では都立高校に259名合格。そのうち西48名・国立26名・新宿19名・駒場27名・豊多摩23名と難関校・人気校受験で都内トップクラスの実績を残す。2022年3月には待望の三鷹駅前校がオープンし、中央線エリアからの入塾生が急増中。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

コメント

コメントする

目次
閉じる