「六本木ヒルズで働く人事マネージャー」と教育談義

大学の後輩と久しぶりに会ってきました。

彼は六本木ヒルズの森タワーに本社を構える企業で勤務し、

中途入社2年目くらいで人事マネージャーを任されるデキル男です。

 

人事は会社の顔とも言える存在であり、人の能力を見抜く力も必要とされます。

そのような重職を楽しんでいる彼が本当にたくましく見え、先輩として嬉しい時間となりました。

 

ランチをしながら、採用や社員教育について、私のリクルートや現在の塾の経験を交えて話しましたが、

共通していたことは「いかに理不尽や不自由な体験を用意し、人を強く育てるのか?」という点でした。

また彼から「布施さんの塾で鍛えられた人なら採用したい」とお世辞にも言ってもらえたことを、

激励のメッセージと受け取り、後輩に負けないよう私も頑張っていきます。

この記事を書いた人

(膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎2010年創業)海自とリクルートで培った「やりきる力」と「人の心を動かす力」を武器にエネルギー溢れるアツイ授業を展開。関西弁で入試問題にツッコミを入れながらテンポ良く進める授業で塾生達の頭をフル回転状態に。成績upや逆転合格を生み出す教育法は親御様から「学志舎マジック」と呼ばれる。たった1人で塾運営していた最後の年(2017年)には小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。日比谷・西・国立に計14名が全員合格となり業界で話題となる。過去5年間では都立高校に259名合格。そのうち西48名・国立26名・新宿19名・駒場27名・豊多摩23名と難関校・人気校受験で都内トップクラスの実績を残す。2022年3月には待望の三鷹駅前校がオープンし、中央線エリアからの入塾生が急増中。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

コメント

コメントする

目次
閉じる