卒塾生が応援にきてくれました!【都立国立高校】

学志舎 村岡です。

都立国立高校の先輩達がアドバイスをしてくれました。

Tさん、ODくん、OKくん、ありがとう!

昨年の入試日当日の雰囲気やラスト一週間の取り組みなど、参考となるアドバイスをもらうことができました。

・暗記モノへの取り組み方

・学志舎の英語プリントの活用方法

・テストが配られてからやるべきこと

などが特に印象に残っています。改めて全体にも共有させていただきます。

愛がこもったコメント入りのキットカット。

国高生らしい、ポップなコメントですね!

差し入れも、ありがとうございました!

 

国高の3名は、中2難関クラスにも話をしてくれました。

中2生ももうすぐ受験学年になりますね。大いに刺激を受けたのではないでしょうか。

 

そして、学志舎の卒塾生で都立国立高校出身、津田塾大学2年生の高野さんが来てくれました!

高野さんは、なんと今週からオーストラリアの大学に一年間留学します。日本を発つ直前にもかかわらず、わざわざ挨拶にきてくれました。

津田塾大学での成績はトップクラスとのこと。とても礼儀正しくまじめで吸収力の高い人材です。オーストラリアで学んだことをいつか塾生に共有してもらえることを楽しみにしています。

当日は、中3応用クラスに、本番に向けた応援メッセージを伝えてくれました。差し入れとともにありがとうございました!

 

そして、本日(2月18日)。都立国立高校2年のMさんも応援に来てくれました!

この一年間で何度、応援にきてくれたことか!国高生からコメントを書いてもらったというお菓子も頂きました。ありがとうございました。

 

いよいよ決戦の金曜日が近づいてきました。今までの自分の頑張りを発揮するチャンスです。

残りの期間を悔いのないように全力で過ごすこと。それが学志舎の先輩たちに共通した取り組み姿勢であり、良き伝統です。

教室で時を忘れ集中してきたこと。何度も解き直しをしてコツをつかんだ過去問。ボロボロになるまでやりこんだ英語プリントや数学プリント。塾長や先生、そして先輩たちからの叱咤激励とアドバイス。家族や周囲の人たち。学志舎の同期のみんな etc.

その全てがキミを支えてくれたはず。受験に向き合ってきたのは一人じゃないんだ。

心をもやして、最後までやりきろう!

この記事を書いた人

(膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎2010年創業)海自とリクルートで培った「やりきる力」と「人の心を動かす力」を武器にエネルギー溢れるアツイ授業を展開。関西弁で入試問題にツッコミを入れながらテンポ良く進める授業で塾生達の頭をフル回転状態に。成績upや逆転合格を生み出す教育法は親御様から「学志舎マジック」と呼ばれる。たった1人で塾運営していた最後の年(2017年)には小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。日比谷・西・国立に計14名が全員合格となり業界で話題となる。過去5年間では都立高校に259名合格。そのうち西48名・国立26名・新宿19名・駒場27名・豊多摩23名と難関校・人気校受験で都内トップクラスの実績を残す。2022年3月には待望の三鷹駅前校がオープンし、中央線エリアからの入塾生が急増中。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

目次