卒塾生が応援にきてくれました!【都立国立高校】

塾長です。

先週、青山先輩(都立国立高校→立教大学)から中1生に向けてアドバイスをしてもらいました。

彼女が中3生だった時に印象に残っている言葉が2つあります。

①「教科の入れ替え時が、”休憩”です」

土日オープン時に休憩を入れることなく数時間、集中している彼女に、私が「少し休憩いれたら」と声をかけた際の彼女の回答。

「取り組む教科を入れ替える時に休憩しています」

私はしびれました。

1つの教科が終わった際に、それを机の引き出しに片付け、また別の教科を出す時。

それが、彼女にとっての休憩なのです。

素晴らしい集中力だと思いました。

でも、だからこそ走り高跳びの種目で東京都3位に入賞するまでの成績を収められたんだなと感じました。

昨年、お会いした藤原和博さんがおっしゃっていました。

「大人になって集中力を身につけた人はいない」と。

今、この時期に一心不乱に一つのことに取り組む体験、時間を大切にしてもらいたいと思います。

※都立国立高校の国高祭ではキャストで大活躍をしている姿も観させてもらいましたが、その時も演技に対する高い集中力、役にはまり込むオーラに圧倒されました。

 

②「その先生のいいところを見つめます」

2つ目は内申について。彼女は9科44まで内申をupされたのですが、その際に「学校にもいろいろな先生がおられるやろ?この先生は苦手!と思った時に青山さんはどうするの?」と聞いた時の彼女の回答がこれです。

「その先生のいいところを見つめます」

この回答。僕は思わず唸りました。自分が中3生の時に、こんな大人な対応、心が広い考え方はできなかったな~と。こういった姿勢が結局は、先生方に評価されるわけです。学志舎の後輩たちに何度でも伝えたいエピソードです。

 

また青山先輩の話を楽しみにしていて下さい。

この記事を書いた人

(膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎2010年創業)海自とリクルートで培った「やりきる力」と「人の心を動かす力」を武器にエネルギー溢れるアツイ授業を展開。関西弁で入試問題にツッコミを入れながらテンポ良く進める授業で塾生達の頭をフル回転状態に。成績upや逆転合格を生み出す教育法は親御様から「学志舎マジック」と呼ばれる。たった1人で塾運営していた最後の年(2017年)には小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。日比谷・西・国立に計14名が全員合格となり業界で話題となる。過去5年間では都立高校に259名合格。そのうち西48名・国立26名・新宿19名・駒場27名・豊多摩23名と難関校・人気校受験で都内トップクラスの実績を残す。2022年3月には待望の三鷹駅前校がオープンし、中央線エリアからの入塾生が急増中。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

目次
閉じる