合格体験記(2022年 都立武蔵野北高校:Iくん)

私はもともと大手塾に通っていましたが、当時学志舎に通っていた知り合いから勧められ入塾をしました。入塾前はなんとなく勉強ができるようになりたいという思いがありました。実際に授業に参加してみると周りの塾生達のレベルがとても高くついていくのに精一杯でした。入塾してからは学力だけではなく先生から教わった内申を上げるコツを意識して生活していました。

なかなか結果が出ず伸び悩んでいた時に塾長や村岡先生の言葉にはとても救われました。塾長が「辛い時はもっと辛い人を思い浮かべる。」とおっしゃった時、まずは勉強ができていることに感謝しようと思いました。村岡先生の「PDCAサイクルを回していこう。」という言葉は受験勉強をする上でもとても参考になりました。これからも実践していこうと思います。

私は模試の結果が悪く落ち込んだ時には、過去の卒塾生の逆転合格されたデータを思い出して「自分もいけるはずだ」と思い込むようにしていました。勉強以外にもお二人の仕事や塾生との向き合い方はとても尊敬しています。私が志望校を下げるか悩んだ時も私のことを第一に考え、今までのデータを示していただき、大事な判断は自分自身に委ねてくれたことはとても感謝しています。

(後輩の皆さんへ)私は小学5年生からお二人のお話をノートにメモをしそれを切り取って保存していました。受験期に見直した時、とても心に響く言葉がたくさんあり、救われました。今、聞いてあまり理解できなくても後になって響く言葉がたくさんあるので、お二人の話は常にメモに残しておくことをお勧めします。学志舎の先輩方には驚くほど成績や学力を上げて合格した方がたくさんいらっしゃいます。辛い時は、その方達を思い出して、自分を勇気づけてください。 応援しています。

この記事を書いた人

(膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎2010年創業)海自とリクルートで培った「やりきる力」と「人の心を動かす力」を武器にエネルギー溢れるアツイ授業を展開。関西弁で入試問題にツッコミを入れながらテンポ良く進める授業で塾生達の頭をフル回転状態に。成績upや逆転合格を生み出す教育法は親御様から「学志舎マジック」と呼ばれる。たった1人で塾運営していた最後の年(2017年)には小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。日比谷・西・国立に計14名が全員合格となり業界で話題となる。過去5年間では都立高校に259名合格。そのうち西48名・国立26名・新宿19名・駒場27名・豊多摩23名と難関校・人気校受験で都内トップクラスの実績を残す。2022年3月には待望の三鷹駅前校がオープンし、中央線エリアからの入塾生が急増中。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

目次