都立西高校推薦入試で満点が3名!(2021年:面接)

塾長です。

都立推薦入試まであと72日となりました。塾生にとって勇気が出るような内容を発信していきたいと思います。

第一弾は「面接」です。

こちらのページもご覧下さい

私の前職リクルートの経験から考えると、人が人を採点する面接において満点が出ることは採用活動では考えにくいことなのですが、都立高校入試では意外と面接満点者が出ています。

先月まで都立西高校推薦入試の得点分布(2021年)がHP上に掲載されておりましたが、それによると個人面接点(240点満点)において221点~240点までが約21人。

20点の得点幅に21人ですから、満点となるとその半分の10人もいないことが容易に予想されます。(何と言っても満点ですから)

しかし、その満点を学志舎塾生の3人が取るという”前代未聞”の結果となりました。

(さらに言えば、満点はこの3人のみの可能性も決してゼロではありません。その場合は学志舎塾生だけが満点を取ったということになります。)

ここで”前代未聞”という表現の補足をさせて頂きます。

2021年は男女含めて245名が都立西高校の推薦入試を受験。都立西高校を推薦で受験する子は、全体の受験者数やその高い偏差値から東京都でも上位2%以内の枠だと考えることができます。そして、その枠の中でもさらに約4%という極めて確率の低いゾーンに個人塾から3名が見事に満点を取ったという事態は”前代未聞”と言っても過言ではないように思います。

では、どうすればそのような結果が生まれるのか?それは1月にスタートする村岡先生の推薦特訓の中で明らかになっていきます。

「都内の中3生が1月に最も指導を受けたい先生」である村岡教室長。皆さま、ご期待下さい。

ちなみに作文点の分布(300点満点)を見てみると、学志舎受験生の高得点者は275点(暫定2位)、250点(暫定12位)となっております。

この記事を書いた人

(膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎2010年創業)海自とリクルートで培った「やりきる力」と「人の心を動かす力」を武器にエネルギー溢れるアツイ授業を展開。関西弁で入試問題にツッコミを入れながらテンポ良く進める授業で塾生達の頭をフル回転状態に。成績upや逆転合格を生み出す教育法は親御様から「学志舎マジック」と呼ばれる。たった1人で塾運営していた最後の年(2017年)には小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。日比谷・西・国立に計14名が全員合格となり業界で話題となる。過去5年間では都立高校に259名合格。そのうち西48名・国立26名・新宿19名・駒場27名・豊多摩23名と難関校・人気校受験で都内トップクラスの実績を残す。2022年3月には待望の三鷹駅前校がオープンし、中央線エリアからの入塾生が急増中。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

目次
閉じる