受験当日まで成長できる!(小6)

塾長です。

先日、最後の公中検模試(12月)を返却しました。

2021年の模試(5回)の中で全て偏差値75(最高値)を取り、全国1位に4回輝いた塾生がおられます。

その子の強みとしては、外遊びの体験が豊かであること、読書習慣があること、作文において語彙が豊であること、そして身の回りに起こることに対して「なぜ?」と深く多面的に考える習慣があることなどが挙げられます。小5生は参考にしてみて下さい。

さて、小6生。いよいよあと24日で都立中入試です。今から新しいことに取り組む必要はありません。過去問を通じて「時間対得点力(かけた時間に対する得点力)」を意識して進めていきましょう。

自分が得点できる問題を、

時間内に、

採点者が読むことのできる字で書ききることができるか?

最後はそこが勝負となります。

当たり前のことですが、それがなかなかできません。逆にそれさえできれば、合格可能性はグッと上がります。「問題文中のキーワード」のチェックができているか?そのあたりも丁寧に確認していきましょう。

受験生は受験当日まで成長することは十分可能です。自分と向き合い取り組んでいくことで驚異的な成果を得ることもあります。

最後に。ある塾生の12月の公中検結果です。11月と比較し偏差値が20以上upしています。皆さん、受験当日の自分はこうなると信じ、励みにして下さい。

この記事を書いた人

滋賀県出身。膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎。「プラス思考&全力で取り組む」といった良い習慣を身につけることをベースに指導にあたる。アルバイト雇用もなしに1人で塾運営していた最後の年(2017年)は小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。中3生(39人)は日比谷、西、国立に計14名全員合格の結果を残し、業界で話題になる。悔いのない受験を学志舎で。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

目次
閉じる