後輩へのアドバイス(都立国立高→東京大学:文Ⅰ)

塾長です。

水曜の難関クラスの授業において、現役東大生がアドバイスに来てくれました。

彼が伝えたことは「キチンと頭を使おう。目の前の事象を疑って一度考えてみよう。」というものでした。

刺激的な話に皆、興味津々な様子で聞き入っていました。貴重な機会をありがとう!

授業後は村岡教室長も合流し、24時近くまで話し込みました。

彼の今後に向けた村岡教室長からのアドバイスに、彼自身も刺激を受けたようでした。お互いにとって充実した時間になって良かったですね。

その中で浪人時代の話を一つ。

東大合格のため、彼は「1日14時間勉強を360日やりきった」とのことでした。

皆さん、14時間勉強ですよ。睡眠時間を8時間確保すると、食事や入浴を含めた自由時間はわずか2時間。それをほぼ丸一年。さすがですね。

このようにスマートな印象からは窺い知ることのできない、ストイックな面も彼の魅力の一つです。

都立国立高校合格を目指し、他を寄せつけないオーラで猛勉強していた彼の姿を思い出しました。

後輩達、まずは彼の背中を追いかけていきましょう。

この記事を書いた人

滋賀県出身。膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎。「プラス思考&全力で取り組む」といった良い習慣を身につけることをベースに指導にあたる。アルバイト雇用もなしに1人で塾運営していた最後の年(2017年)は小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。中3生(39人)は日比谷、西、国立に計14名全員合格の結果を残し、業界で話題になる。悔いのない受験を学志舎で。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

目次
閉じる