5科内申18→5科偏差値68

8/28のVもぎ結果。

中3応用クラスの成績上位者の一部をご紹介します。

Aくん(5科内申の合計18→5科偏差値68)

Bくん(英語の内申4→英語の偏差値71)

Cさん(社会の内申3→社会の偏差値69)

学志舎での授業をきちんと身につけていくと、このような内申と偏差値の良い乖離が起こります。昨日、駒場の先輩が「夏期講習に実施した社会の小テストは”神プリント”であり、それらとテキストを完璧にすれば高得点が取れる!」と話してくれていましたが、学志舎から配布されたものを自分のものになるまでやりきっていきましょう。そうすれば、入試の当日点(共通問題)でも嬉しい乖離が起こります。

例えば、5科内申20つまりオール4あたりの中3生が当日400点を超えることは、なかなか簡単なことではないのですが、学志舎では実際に次のような合格事例がございます。受験生は励みにして下さい。

5科内申当日点合格校
21454駒場
19420駒場
19429駒場
21447駒場
21445駒場
20437武蔵野北
21445調布北
19426豊多摩
17406神代
過去3年間の当日点の一例

ちなみに都立神代高校に合格している塾生は「国語の内申3→入試当日100点」でした。素晴らしい!

この記事を書いた人

(膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎2010年創業)海自とリクルートで培った「やりきる力」と「人の心を動かす力」を武器にエネルギー溢れるアツイ授業を展開。関西弁で入試問題にツッコミを入れながらテンポ良く進める授業で塾生達の頭をフル回転状態に。成績upや逆転合格を生み出す教育法は親御様から「学志舎マジック」と呼ばれる。たった1人で塾運営していた最後の年(2017年)には小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。日比谷・西・国立に計14名が全員合格となり業界で話題となる。過去5年間では都立高校に259名合格。そのうち西48名・国立26名・新宿19名・駒場27名・豊多摩23名と難関校・人気校受験で都内トップクラスの実績を残す。2022年3月には待望の三鷹駅前校がオープンし、中央線エリアからの入塾生が急増中。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

目次