いよいよ推薦対策は後半戦突入へ!

学志舎 村岡です。

いよいよ推薦対策は後半戦に入ります。

なんと推薦特訓がスタートしてから、毎日、卒塾生が来塾してくれています!

たくさんのアドバイスや差し入れは中3生の励みになっています。ありがとう!!

6日目。この日も多くのメンバーが参加してくれました。

トップバッターは西高校のMさん。

中学生時代は水泳の全国大会に出場!高校でも、全国大会へのキップを目指す、西高の「文武二道」を体現する素晴らしい高1生です。

↑西高ミニ座談会。贅沢な時間です。

↓個別の模擬面接もしてくれました。

 

そして、日比谷高校2年のO君。昨年に続き今年も来てくれました。当日は、雪がちらつき、センター試験の模試が午後にあるにも関わらずの参加です。男気にあふれる素敵な人材と思います。

日比谷高校の生徒会長を務めたO君が発するアドバイスは、塾生に大きく響きました。

↓個別面接風景。

当日は、Kさん(日比谷)、鈴木さん(日比谷)、鈴木くん(西)、林さん(西)と豪華なメンバーが来てくれました。それぞれが前半で2回以上、足を運んでくれています。本当に感謝しています。

7日目。

午前は、日比谷高校2年のKさん登場!去年に続いてありがとうございます。去年はO君とともに3名全員を日比谷の合格へ導いてくれました。

温和な語り口とリケジョ(理系女子)ならではのロジカルな話し方が魅力です。Kさんは、中学生時代に日本学生科学賞で、環境大臣賞を受賞しているすごい人でもあります。直接アドバイスを受けられる塾生は幸せですね!

参考:第63回 日本学生科学賞

この日も連続でMさんが来てくれました。午後は水泳の練習があるということで、その合間をぬって参加してくれています。

改めてノートを見返すと、当日、とても大事なよいアドバイスをしてくれました。参加した塾生はメモをしっかり読み直し、自分のものにするよう反芻してください。

 

そして、「ミスター推薦」といっても過言ではない、日比谷高校のI君が登場!しかもスタートからラストまでいてくれました。

僕とともに講師としてサポートしてくれている大島先生が、「I君が話し始めてすぐとても優秀だと分かりました。論理的で人間味あふれる人物!」と太鼓判を押すほどの逸材です。

うれしいことに、後半戦は連日サポートしてくれるとのこと!心強い!

武蔵野北高校からは、O君が来てくれました。久しぶりの集団討論にも参加してくれました。ありがとう!

100メートルを11秒台で駆け抜ける才能と努力をあわせもち、さらに愛嬌たっぷりという素晴らしいキャラクターの持ち主です。

この日は、3日目にきてくれた国立高校のN君が集団討論のアドバをしてくれ、充実の時間を過ごせました。

◆推薦を受ける塾生へ

先輩の凄さや実績に圧倒される時もあると思いますが、その先輩も「もともとは何者でもなかった」はずです。

「志望校への強い憧れ」を持ち、「自分を信じて努力を積み重ねること」で到達できる高みというのは必ずあります。

並じゃない努力が、キミを高いところに連れて行ってくれます。面接や集団討論、小論文や作文を通じて、一回一回のフィードバックを振り返り、次にしっかりとつなげていくという、当たり前の地道な努力を重ねていこう。まだまだ大丈夫。やり抜くぞ!