合格体験記(2020年 都立武蔵野北高校3:久恒さん)

私が入塾したのは、中学2年生の終わりです。受験期が近くなってきて、塾をどうしようと悩んでいた時、母がネットで見つけてくれたのが学志舎でした。私は家が学志舎から離れていたので、正直迷っていました。しかし、体験で学志舎に訪れた時、塾生の勉強に対する姿勢、集中力、そしてアツい先生方を目の当たりにして、ここで本気で頑張りたいと思い、入塾を決意しました。

 

私が入塾した時は内申が41ありましたが、3年生になり勉強の内容が難しくなり、テストの点数も思うように取れなくなり、3年生1学期の内申は39まで落ちました。学志舎の授業にも実際のところ、ついていけてなかったところがあったのでとても焦りました。そんな中、夏期講習に入り、毎日9時から20時まで勉強していく日々が続いて行きました。今まで生きてきた中で、こんなに勉強したことがなかったのでこの1ヶ月強が私の中での自信につながっていきました。それと同時に2学期に絶対内申を取り返すぞという強い気持ちを持つことができました。

 

夏期講習が終わり、再び学校の生活が始まりました。内申を上げる最後のチャンスだったので、布施先生がおっしゃっていたことを必死にやっていきました。勉強面でも少しでも長く塾で勉強できるように学校から家に帰ってきたら滞在時間5分も経たないうちに塾に向かっていました。とても苦しいものでしたが、塾に行ったら必ず頑張っている友達がいたので、その姿を見て頑張ろうと思うことができました。また、学志舎では卒塾生が来てくれてアドバイスや激励をしてくれます。私たちと同じ思いを体験してきた先輩だから言える言葉、生の学校の様子、勉強面でのアドバイスをしてくれて、それが私にとって大きな励みになりました。そうして、少しずつ努力を積み重ねていったことで、内申では念願の実技がオール5、素内申42まで上げることができました。

 

私は、布施先生の「人と違う結果が欲しいなら、人と違うことをするしかない。」という言葉がとても印象に残っています。私は、特別頭がいいわけでもないので、人一倍努力しないと勝てないことを私に気づかせてくれました。この言葉があったから、もっとできる、もっと上へと自分を鼓舞し続けられたのだと思います。また、村岡先生の「学力は、螺旋階段のように上がっていく」という言葉に支えられました。私は、10月から12月の模試の結果が思うように行かなくて、志望校の合格ラインは410点にも関わらず、350点辺りを彷徨っていました。そんな時、このような言葉をかけていただきました。自分ではまた逆戻りしたと思う時があるかもしれないけれど、実は必ず前より高い位置にいるという意味です。苦しい3ヶ月でしたが、必ず学力は上がっていると信じて頑張れました。

 

合格した時、今まで頑張ってきて本当に良かったと安堵と喜びに包まれました。私自身、学志舎という素晴らしい環境で頑張ってこられたのは、いつもアツい言葉で励まし、私を信じてくださった先生方、共に切磋琢磨し、合格、合格と口癖のようにいっていた大切な友達、そして、送り迎えやお弁当を作ってくれた家族の存在があったからです。本当に感謝しかありません、ありがとうございました。この、充実した1年間は一生忘れません。学志舎で頑張ったことを胸に、高校生活、またその先の人生を歩んでいきます。