合格体験記(2022年 都立武蔵中2:Sくん)

私は6年生の11月に学志舎に入塾しました。元々適性検査ⅡやⅢは安定していましたが、作文が苦手なため、適性検査Ⅰはあまりよくなかったです。そこで、作文を添削する力が高い学志舎に入塾しました。

 

入塾したばかりの頃は数回直しても、上手く書けないこともありました。しかし、12月の中旬になると一発で、先生から「合格」「行くぞ、ムサシ」と書いてもらえるくらいになりました。その頃はほぼ毎日自習室に行き、作文を書いていました。それにより受検当日には170枚くらいの作文がありました。この多くの作文は試験当日、大きな自信となりました。私は受検直前の模試で作文が書ききれず、失敗したのですが、この時は今まで書いた作文を見て、モチベーションを持ち直しました。実力は受検日まで伸びると思います。その伸び具合は努力の量によって変わります。最後まで諦めずに頑張って下さい。