対面授業参加における注意点

塾長です。

新型コロナウイルスの感染者数および重症者数の増加傾向が続いています。感染力が強いとみられるデルタ株の影響もあってか、子どもを含む若年層の感染が数多く報告されています。一部の自治体においては、学年閉鎖や学級閉鎖といった対応がとられていますが、学志舎としましては、これまでも皆様にお伝えしてきた通り、お子様の学力向上に最も効果があると確信し、実証してきた「対面授業」を継続してまいります。

ただ自立学習におきましては、卒塾生も含めた「全塾生参加可能型のZoom自習」を平日19:00~22:00で行ってまいりますので、積極的にご活用下さい。

学志舎として保護者の皆様にあらためてお願いしたいこと、あらかじめご確認いただきたいことをお知らせいたします。

保護者の皆様へのお願い

◆理由の如何にかかわらず、体調に異変が感じられる場合は対面授業への参加はお控え下さい。

◆次のいずれかに該当する場合は、ご連絡をいただくとともに、一定期間の通塾はお控え下さい。

・PCR検査等により、塾生本人の陽性が確認された場合
保健所や医療機関が定める療養期間が終了するまでの通塾はお控え下さい。

・塾生本人が濃厚接触者に認定された場合
検査結果が「陰性」であったとしても、保健所や医療機関が定める健康観察期間が終了するまでは、対面授業への参加はお控え下さい。

最後に。

学志舎ではこの夏、第2教室の教室内全ての窓の改修工事を実施しました。これにより教室内の換気が一層スムーズに行うことができるようになりました。また各教室にサーキュレーターを設置し、状況に応じて適切な使用をすることで教室内の空気と外気との入れ替わりを促進しております。学志舎としましては、この先も皆様のご理解ご協力を賜りながら、何とかしてこの危機を乗り切ってまいりたいと考えております。皆様にはご不便をおかけしてしまうこともあるとは存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。