最近、感動した2つのエピソード

塾長です。

先日、村岡先生からいい話を共有して頂いたので、ご紹介させて頂きます。

 

月曜の15:30頃、塾近くにある自転車での用事を済ませ、塾に向かおうとしていた村岡先生はある塾生の後ろ姿を見かけます。

しかし、オープン時間の前なので、塾生ではないかもしれないと思ったそうです。

学志舎の平日オープンは16:30です。

ただ、実際は16時前からオープンしていることが多く、早い時間にくる子も何人かおられます。

しかし、まだ15:30という時間では確実にオープンしていません。

 

そこで、自転車で傍まで寄って確認したところ、やはり学志舎の塾生でした。

小金井公園近くに住む、その塾生は三鷹駅まではバスを利用。その後、徒歩で15分かけて塾に来ているようです。

村岡先生が驚いたのは、その子に会った時間帯と塾に向かって意気揚々と歩く姿です。

普通ならオープン時間を意識して塾に行くところを、その子は少しでも早くという思いで遠方から気持ちを奮い立たせ、塾に向かっているのです。塾から徒歩10分以内に住んでいる塾生が、遅い時間にやってくる今年の中3生の現状を鑑みても、なかなか誰にでもできることではありません。

 

また別の日ですが、同じ塾生が第2教室のオープン前に玄関で待っていることがありました。

村岡先生が「外で待たせて、ゴメンね」と伝えたところ、

(注)オープン前の時間なので村岡先生は遅刻しているわけではないです。念のため。

 

その子は、「いいえ、待っている間に英文を読む勉強ができるので、大丈夫なんです。」と答えたそうです。

 

この2つのエピソード。

同級生だけでなく、私達、先生にも力を与えてくれます。

このような塾生が通ってくれていることに感謝し、その頑張りに応えるべく、今後とも精進して参りたいと思います。

今年は、三鷹1中や三鷹4中の子よりも、遠方の調布市や国分寺市の中学に通う子の方が早くくるという不思議な現象が起きています。

不思議です。それにしても不思議です。

これは嫌味です。どう表現しても嫌味になります。

また、これは無念な思いです。何度考えても無念な思いになります。

このままだと悔いが残るような気がしてなりません。自分で限界を決め過ぎていませんか?