「難関クラス全員合格!」も夢ではない

学志舎塾長の布施です。

昨日の難関クラスでは、お守り(寄せ書き)作成のイベントを実施しました。

まずは推薦合格組のみんな、協力ありがとう!

たくさんの勇気と合格のエネルギーを一般入試に挑む仲間たちに注入してくれましたね。

本当にありがとう!お陰でいい時間が過ごせました。感謝しかありません。

学志舎塾長の特技

さて、私にはある特技があります。

難関クラスでは各人にすでに披露(配布)しましたが、その特技とは「倍率を下げること」です。

詳しいことはここではお伝えできませんが、応募倍率2倍くらいの学校を実質倍率1.3倍くらいまで下げることができます。(もちろん個人差はありますが)

この特技は受験直前の塾生達に何か励ますものはないかなと試行錯誤の上、編み出したものですが、配布する際の塾生達の喜ぶ顔や緊張がほぐれる様子、新たな希望を見出した目などを見ることが、私自身何より楽しいものになります。

そして、今回。用紙を作成している際に改めて気づいたのですが、今年の難関クラスの塾生は志望校の合格ライン(Vもぎデータ)を全員が超えています。

実を言うと、この状態はここ数年ではなかったことです。ですから難関クラスの塾生は自信をもって当日臨んで下さい。私が考えるに難関クラス全員合格も決して夢ではありません。

もちろん試験当日は目の前のテストに集中するだけなのですが、頭の片隅のどこかには「全員で合格するんだ!」という思いも是非強く持ってください。その思いは必ず自分を後押ししてくれます。そして、いつも以上のパワーが湧いてくるはずです。さあ、なんだかワクワクしてきましたね。「やってやるぜ!」の精神でぶつかっていきましょう!

準備できるのはいよいよあと2日を残すばかりとなりました。各科目の総仕上げについては、昨日、伝えたとおりです。最後まで駆け抜けていきましょう!そして難関クラス全員で合格です!僕はいける気しかしていません。

この記事を書いた人

(膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎2010年創業)海自とリクルートで培った「やりきる力」と「人の心を動かす力」を武器にエネルギー溢れるアツイ授業を展開。関西弁で入試問題にツッコミを入れながらテンポ良く進める授業で塾生達の頭をフル回転状態に。成績upや逆転合格を生み出す教育法は親御様から「学志舎マジック」と呼ばれる。たった1人で塾運営していた最後の年(2017年)には小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。日比谷・西・国立に計14名が全員合格となり業界で話題となる。過去5年間では都立高校に259名合格。そのうち西48名・国立26名・新宿19名・駒場27名・豊多摩23名と難関校・人気校受験で都内トップクラスの実績を残す。2022年3月には待望の三鷹駅前校がオープンし、中央線エリアからの入塾生が急増中。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

目次