【内申】実技科目18以上の子の共通点

※17:50ではなく、17:00オープンとします。受験生は活用していきましょう。

 

※小6都立コースの子はまだまだ計算力を上げる必要があります。

平成22年の三鷹中の解説をスタートしていますが、「合格のために落とせない問題」を取りこぼしています。保護者の方は一度ご覧になって頂ければと思います。

塾生は今日の解説分だけで構いません。一人できちんと正解できるまで解き直していきましょう。

先日の中3授業。

「実技の内申合計が18以上の子」を数人にお願いして、

クラスの皆の前で、どのような取り組みをしているのか?共有してもらいました。

やはり普通の取り組みではなく、人一倍努力、工夫していましたね。

詳細はここでは紹介できませんが、共通点をもう一度思い出し、

テストはもちろん、普段の授業、一回一回を大切にしていきましょう。

実技科目は「一期一会」の精神が特に重要になります。

そして、全ては学校の先生に対する敬意を示すところから始まります。

学志舎の塾生達には、学校の先生方の教育に対する情熱、愛情を感じ、

受け止め、お返しできる人であって欲しいと願っています。

この記事を書いた人

(膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎2010年創業)海自とリクルートで培った「やりきる力」と「人の心を動かす力」を武器にエネルギー溢れるアツイ授業を展開。関西弁で入試問題にツッコミを入れながらテンポ良く進める授業で塾生達の頭をフル回転状態に。成績upや逆転合格を生み出す教育法は親御様から「学志舎マジック」と呼ばれる。たった1人で塾運営していた最後の年(2017年)には小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。日比谷・西・国立に計14名が全員合格となり業界で話題となる。過去5年間では都立高校に259名合格。そのうち西48名・国立26名・新宿19名・駒場27名・豊多摩23名と難関校・人気校受験で都内トップクラスの実績を残す。2022年3月には待望の三鷹駅前校がオープンし、中央線エリアからの入塾生が急増中。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

コメント

コメントする

目次
閉じる