【本の紹介】宮城谷 昌光

学志舎通信11月号でお伝えさせて頂いたとおり、本日はお休みとなります。

先週、期末テストが終了しました。

そして中3生は、来週あたりから最終内申が出てくると思います。

どのような結果であっても、テストに対する取り組みについて、自分なりに評してもらえればと思います。

中3生の頑張りは素晴らしかったと思います。

毎日夕方の早い時間から塾に来て、6~7時間、集中して取り組めていました。

なかなか簡単にはできないことです。そのことについて、私が一番スゴイと思っています。

自信にして下さい。

※私の中での、読書の秋が終わりました。

今年は「宮城谷 昌光」作品との出会いがありました。
・楽毅

・孟嘗君

・香乱記

よく生きるとはどういうことか?

考えさせられる作品でした。

小説に限らず、偉人の生涯について知るとき、

自分の悩みがいかにちっぽけなものか痛感させられます。

心に響いた言葉を時折、思い出しながら、まずは受験日まで塾生達と走っていきます。

この記事を書いた人

滋賀県出身。膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎。「プラス思考&全力で取り組む」といった良い習慣を身につけることをベースに指導にあたる。アルバイト雇用もなしに1人で塾運営していた最後の年(2017年)は小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。中3生(39人)は日比谷、西、国立に計14名全員合格の結果を残し、業界で話題になる。悔いのない受験を学志舎で。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

コメント

コメントする

目次
閉じる