【志望校合格への道】土日祝オープン(2/15,16)

塾長です。

目次

オープン日時・場所(中3)

15(土)9:00~19:00@第2

16(日)9:00~19:00@第2

 

この時期は、「励ます」ことを大切にしています。

月曜の難関クラス

「都立西高校」の最後の過去問解説でした。

学志舎では、解説後にタイム測定ありで、必ず解き直しを行います。

例えば、大問3(3)配点8点の問題を1分ほどで解き直しができた時には、「1分で8点取れるということは、テスト時間が50分だから、、。つまり数学だけで400点取れるってことやな~。そしたら、余裕で合格やな~。(注:数学は100点満点です)」とアホみたいな話をして、勇気づけるようにしています。

 

金曜の応用クラス

執念の逆転合格の事例を共有し、良いイメージが持てるようにしました。

 

「学志舎名物のお守り」

中3生には、「学志舎名物のお守り」を配布し、皆で寄せ書きをし、全員で合格するという意志をさらに高めていきました。

寄せ書きの際は、立ち歩いて、話していいよと伝えているので、この時ばかりは普通の中学生のように、学校の垣根を越え、たくさんの子から寄せ書きをもらっています。

なかなか感動的な光景です。

部活引退後、文字通り毎日のように頑張ってきた学志舎塾生が、同じ試練を乗り越えてきた仲間達と絆を深め、フル充電することができた貴重な時間だったと思います。

あと6日。

最後の最後まで走り抜いていこう!

この記事を書いた人

(膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎2010年創業)海自とリクルートで培った「やりきる力」と「人の心を動かす力」を武器にエネルギー溢れるアツイ授業を展開。関西弁で入試問題にツッコミを入れながらテンポ良く進める授業で塾生達の頭をフル回転状態に。成績upや逆転合格を生み出す教育法は親御様から「学志舎マジック」と呼ばれる。たった1人で塾運営していた最後の年(2017年)には小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。日比谷・西・国立に計14名が全員合格となり業界で話題となる。過去5年間では都立高校に259名合格。そのうち西48名・国立26名・新宿19名・駒場27名・豊多摩23名と難関校・人気校受験で都内トップクラスの実績を残す。2022年3月には待望の三鷹駅前校がオープンし、中央線エリアからの入塾生が急増中。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

目次