まだやれる!その先へ!!

学志舎 村岡です。

今回の記事タイトルは、塾生からの差し入れ(キットカット)の手書きコメントを使わせてもらいました。

 

さて、10日目の模様をお伝えします。

10日目も先輩がきてくれました。

(右から、西高校M君、日比谷高校I君、駒場高校Hさん、Oさん)

 

推薦特訓以来、卒塾生の先輩が訪れてくれています。

このことは当たり前でもなんでもありません。本当に有難いことです。先輩たちのおかげで、とても充実した特訓ができています。塾長ともども感謝しています。ありがとう!

 

駒場高校1年のHさん。

まとめのフィードバックでは集団討論の心構えや表情についての話をしてくれました。いつも笑顔を絶やさず、サービス精神旺盛な彼女らしい素敵なアドバイスをしてくれました。

 

学志舎の伝統!先輩にも入ってもらい気合の円陣!

 

 

◆受験生へ

受動的に学ぶのと主体的に学ぶのでは吸収力に大きな差があります。また目的意識をもたず漫然と物事に取り組むのとよく考えて行動するのでも、大きな差が生まれていきます。

日々の取り組みに新しさを感じなくなってきた時は、身を引き締めるチャンス。今やっていることの目的(この課題に取り組むことで何ができるようになりたいのか)を自らに問い、毎日の学習につなげていこう!

まだやれる!その先へ!!

この記事を書いた人

(膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎2010年創業)海自とリクルートで培った「やりきる力」と「人の心を動かす力」を武器にエネルギー溢れるアツイ授業を展開。関西弁で入試問題にツッコミを入れながらテンポ良く進める授業で塾生達の頭をフル回転状態に。成績upや逆転合格を生み出す教育法は親御様から「学志舎マジック」と呼ばれる。たった1人で塾運営していた最後の年(2017年)には小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。日比谷・西・国立に計14名が全員合格となり業界で話題となる。過去5年間では都立高校に259名合格。そのうち西48名・国立26名・新宿19名・駒場27名・豊多摩23名と難関校・人気校受験で都内トップクラスの実績を残す。2022年3月には待望の三鷹駅前校がオープンし、中央線エリアからの入塾生が急増中。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

目次